7月1日、樽前山

 GPSに入れた新しい地図は登山道が表示されるようになったので、チェック方々昼から樽前山に登ってきた。
 快晴の天気に、今日も7合目駐車場はほぼ満杯であった。
 風不死岳コースから登り始めて10分ほどのところで、7,8人の若者が下りてきた。
 ザックも持たず全員ジャージ姿の軽装で、すれ違うときに顔を見ると、先日紋別岳頂上で警備をしていた警察官であった。
 これから勤務と言っていたから、天気が良いので夜勤の前に樽前登山とでも考えたようだ。
 体力が有り余っているその若さが羨ましい。

 今日は花をじっくり撮ろうと久しぶりにデジ1カメラを持参したのだが、すでにイワヒゲは消えていた。マルバシモツケやエゾイソツツジは満開状況であるがピークは過ぎている感じ。
タルマエソウ(イワブクロウ)は日当たりの良いところでは咲いているものの、満開まであと1週間はかかりそうだ。

 分岐で、東山の頂上へは向かわず西山のピークに向かったのだが、その西山の登りにさしかかるところで、下山してきた男性二人組とすれ違った。
 挨拶して顔を見、お互い、あ~~!
 何と職場の大先輩であった。退職後お会いしたことがなく、73歳と74歳と言っていたからもう10年以上のご無沙汰であった。
 小一時間もあれこれ立ち話をしたが、現役当時のように若々しくとてもお元気そうであった。
 
 お二人とも女満別空港時代の私の上司と友人で、その上司から私のブログのことを聞いて毎日のように見ていると言われたから赤面の思いであった。
 記念写真を撮り、ブログに載せる了解を頂いてお別れした。
 
f0138096_2052617.jpg

                 風不死岳コースの中腹から
 
f0138096_2055034.jpg

                 左に932mピークと右に風不死岳
 
f0138096_2061866.jpg

                 エゾイソツツジと樽前山ドーム
 
f0138096_2063460.jpg

                 マルバシモツケとドーム
 
f0138096_207632.jpg

                 西山から、中央が樽前山(東山)頂上
 
f0138096_2072150.jpg

職場の大先輩のHさん(左)とYさん、YさんはニコンのD80と私と同じリコーのGX100を持って来ていた
 
f0138096_2081489.jpg

GPSの軌跡、旗から反時計回りに歩いた。頂上に向かって4本の細い線(登山道)がわかるだろうか? 写真上でクリックすると鮮明になります
 



 
by tarumae-yama | 2008-07-01 20:30 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2008-07-02 00:47 x
へぇー、今日はステキな再会があって良かったですね。  「たっだいまぁー」です、スイスから昨夜帰りました。お天気に恵まれた最高の旅行でしたよ。後で写メールしますね。
Commented by tarumae-yama at 2008-07-02 08:27
スイス旅行、天気に恵まれ良かったですね。
でも、これから北海道への準備でなかなかゆっくり出来ないのでは?
こちらでお話が聞けること、楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 7月1日、樽前山-タルマエソウ... 庭のハスカップ初収穫 >>