6月25日、紋別岳頂上にもサミット警備

 曇りの予報が朝から快晴の天気。
 明日は市民病院で高血圧の総合的な検診を受けることになっているから、付け焼き刃かも知れないがメタボと診断されぬよう、減量目的で紋別岳へマウンテンバイクで登った。
 ガソリン代の節約にもなって一石二鳥だろう。
 自宅から登山口まで1時間20分休まず漕ぎ続けたが、その先、サドルに乗ったままでは無理で、登山口から頂上までは押して登った。

 何故か頂上近くにミニパトやらアンテナを取り付けた自衛隊車両が数台止まっていた。
 そして、頂上には腰に短銃の警官が数名いたから驚いた。
 聞いたところ、サミットのための警備で、期間中頂上で24時間体制を敷くそうだ。
 道警の「ヘリコプターテレビシステム可搬型自動追尾アンテナ」なる物まで設置していた。
 そういえば、最近千歳上空を道警のヘリが洞爺湖方面に飛んでいくのを良く目にする。

 これではサミット期間中、山で遭難しても道警のヘリに救助してもらうあてはなさそうだ。
 
 それにしても、フウロウやハクサンチドリが咲く展望の素晴らしい紋別岳の頂上に、拳銃姿の警察官はまるで似つかわしくない。
 
f0138096_15533964.jpg

                 9合目辺りからバックに恵庭岳
 
f0138096_15541866.jpg

                 頂上直下で私のマウンテンバイク
 
f0138096_15553051.jpg

                 頂上で、フウロウと支笏湖
 
f0138096_15561097.jpg

                 頂上で、ミニパトやアンテナを取り付けた自衛隊車両
 
f0138096_15571782.jpg

          ヘリコプターテレビシステム可搬型自動追尾アンテナ(右)と恵庭岳
by tarumae-yama | 2008-06-25 16:04 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 6月25日、紋別岳で見た花-写真編- 友人のハスカップ畑 >>