6月18日、樽前山

 ひと月にわたる本州の山旅から帰宅し、片付けが一段落したので家内は実家で休養と称して昨日家を出た(家出ではない!??)。
 私も庭の草取りが一段落した?ので、帰宅後初めての山に出かけた。
 復帰最初の山は、私の山の原点であり、私の百名山である樽前山となった。
 家内が登山口で待っているわけではないから、ゆっくり好きなだけ歩き回ることが出来る。

 最初、イチャンコッペ山に登り、昨年発見したウドのある場所へ行ってみた。
 残念ながら二週間くらい遅かったようでウドの大木となっていた。
 下山後、樽前山の七合目駐車場に移動したが、平日なのに40台以上の車で溢れるばかりだったから驚いた。
 
 登山口から樽前山の東山まで40分ほどで頂上に到着。
 下山は風不死岳へのコースを選択した。
 このコースはお花畑を歩くから時間があるときは何時も使っている。

 タイミングの良いことに、今をピークとエゾイソツツジが斜面一杯に大群落となっていた。
 あと10日くらいはこの真っ白いエゾイソツツジを堪能することが出来るだろうか。
 小さな小さなイワヒゲも所々で健気に咲いていた。
 タルマエソウ(イワブクロウ)は、日当たりの良いところでようやく蕾をつけだしたところだから、見頃は来月になるのだろうか。
 ウコンウツギやマルバシモツケの花なども見ながら、大満足で下山した。
 
 帰宅途中、3年ぶりに支笏湖休暇村の温泉に入った。
 昨夜購入した「HO」の温泉クーポンを使ったから、700円の入浴料が半額となった。
 
f0138096_1747363.jpg

                 イチャンコッペ山の登山道でオダマキが咲いていた
 
f0138096_17474896.jpg

                 イチャンコッペ山の展望台から支笏湖
 
f0138096_17484165.jpg

エゾイソツツジと支笏湖、苫小牧沖から海霧が侵入してきているが支笏湖の周りの山でブロックされているのがわかる
 
f0138096_17504136.jpg

                 エゾイソツツジやウコンウツギとバックに樽前山
 
f0138096_17513732.jpg

             蕾を付けだしたタルマエソウ(イワブクロウ)

 

 
by tarumae-yama | 2008-06-18 18:06 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2008-06-18 19:37 x
もうー、ホントに北海道ってスゴイ!! いつでも「絵」になりますねー。それに、やっぱり、畠山さんの写真ってスゴイ!! 景色もお花も・・・ ちなみに、オダマキの写真は、カメラ距離が何センチですか。
Commented by tarumae-yama at 2008-06-18 20:06
maatota さん
褒めすぎです。
今日の写真で満足出来るものはありませんでしたが、オダマキのは比較的きれいな色合いに撮れました。距離は10cmくらいだったでしょうか?
正確にはわかりません。ただ、リコーのカメラはマクロが1cmまで接近できるのが売りだったのですが、今、調べたらmaatota さんの570も1cmなんですね。使いこなしていますか?
オリンパスブルーと言われる空色が素晴らしいそうですが、梅雨空が恨めしいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 6月18日、樽前山-イワヒゲの... 奉献 >>