山での出会い

 関東甲信越も梅雨入りしたらしい。
 平年より4日、昨年より20日も早いとTVで言っていた。
 週間予報では、今度の土曜日に晴れ間があるくらいでパッとしない一週間になるらしい。
 
 明日は常念岳を考えている。
 昨日は塩尻市郊外の道の駅に泊まったから、登山口への移動には時間がたっぷりとある。
 それなのに雷雨で早くに起こされ、松本市の中央図書館で時間つぶし?にパソコンと向かい合っている。

 ところで、今回の山旅でも何人かの登山者とお話しすることが出来た。
 
 金峰山と恵那山でお会いしたヨッシーさんについては、すでに彼のHPを紹介した。
 シャクナゲの撮影に三脚を立て、じっくりと撮影する姿が印象的であった。
 私は、構図などろくに考えず、数十枚撮影した中に2,3枚良いのがあればめっけもの、という主義?である。

 雲取山と両神山で会ったたまさんは、以前一週間程かけ、山には登らず北海道の道の駅をスタンプを押しながらひたすら走行したそうで、その距離は3000kmを超えたと言っていた。
 たまさんには、愛車のトヨタカリブに引っかけた?「カリブの山賊」というHPがあるから、興味がある方は検索して欲しい。
 両神山では、山の情報をいろいろ提供していただいた。
 
 大汝小屋の米谷さんはすでに紹介したが、瑞牆山の頂上で彼と一緒に頂上でガスが切れるのを2時間待っていた登山者が他に4人いたらしい。
 その中に、一緒に下山しながら空模様を見て再度登り返した若者Mさんがいた。
 家内が登山口で待っていなければ、もっと話をしていたいと思うほど親近感を持たせてくれた好青年で、GWに日高の山に連れて行ったもらったAさんや東京のたかやなぎさんにぜひ紹介したいと思った。

 最後に、熊本のTさんご夫妻であるが、昨春大山の登山口で、お互い天気の回復を待っている間にお話した方で、その後7月に来道した折り、大雪山とニペソツ山にご一緒した。
 昨秋にもお互い本州の同じ山等を登っていたのだが、タイミングが合わず会えなかった。
 今回、携帯で連絡を取り合って昨夏以来の再会となった。
  
f0138096_13353268.jpg

                 瑞牆山頂上で、あれこれ話をした川越のMさん撮影
 
f0138096_13374264.jpg

                 甲武信岳頂上の賑わい
 
f0138096_13383477.jpg

      道の駅「韮崎」の東屋?で再会した熊本のTさんご夫妻と家内
 
f0138096_13395621.jpg

         松本市中央図書館内でパソコン(の電源)を使わせてもらった

 
 
by tarumae-yama | 2008-06-03 13:50 | 登山 | Comments(2)
Commented by ゆうた。 at 2008-06-03 23:53 x
管理人様。

みずがき山でお会いしたゆうたです。
先週常念に登ってきたのでご報告までに。
既に調査済みかと思いますが。

上り口は一の沢のみのようです。三又口からですと
登山道が崩壊しているようです。
一の沢からの登山道も結構荒れていたので注意してください。
雪渓登りは僕のときは雪がじゃりじゃりでアイゼンがあまり効きませんでした。また、赤い目印がない箇所もありました。

車中泊であさ5時過ぎに登りはじめて夕方3時半頃
戻ってきましたが、なかなかハードな山行でした。

経験豊かな管理人様に余計なおせっかいですが、天候も安定しないこの時期、どうぞお気をつけて行って来て下さい。
常念小屋はずっと営業しているようです。

ブログで紹介された若者は僕のことでしょうか?!
ありがとうございますー。
Commented by tarumae-yama at 2008-06-04 15:53 x
ゆうたさん
今日は。
今週末に登ると聞いていましたが、すでに登ったのですね。
私は、今日登りましたが、雪が多くて緊張しました。
はい、ブログに紹介しました。
今度は北海道でお会いしましょう。
名前
URL
削除用パスワード
<< 6月4日、常念岳 大汝小屋番さん >>