5月1日、イチャンコッペ山

 恵庭岳(第2見晴台)下山後、予定通り向かいのイチャンコッペ山を登ってきた。
 (登り1時間20分、下り55分)
 午後からの登山になったため、3合目で3人の若者とすれ違った後は、登山者名簿上誰も登っていないと思っていたが、反射板ピーク目前で先行者が目に入った。
 頂上で話をしたが、江別から来たというペアで、女性は20代と思われる女性、男性は50歳前後の米人?であった。
 週に2,3回登山をしているそうで、明日は余市岳へスキーで登るとのこと。
 親子のような年齢差に夫婦なのか聞きはしなかったが、二人が醸し出す穏やかな雰囲気に好感が持てた。

 今晩、Aさんと日高のナメワッカ岳に出かけます。予備日を入れて3泊の予定ですが、後半の予報が良くないのと雪がなければ登れないので、登頂の可能性は50%以下??
 
f0138096_10335528.jpg

        イチャンコッペ山登山口近くの石垣の継ぎ目からタンポポがたくましく
 
f0138096_1035699.jpg

                 マイズルソウと何の花だろう?
 
f0138096_1036348.jpg

                  展望台から中央に紋別岳
 
f0138096_10363472.jpg

             展望台からイチャンコッペ山頂上手前の反射板のあるピーク
 
f0138096_10371756.jpg

          反射板のあるピークを目前に20代?の女性が黙々と登っている
 
f0138096_10385412.jpg

      下山時、中央に恵庭岳と手前には残雪期にスノーシューで登った幌平山
by tarumae-yama | 2008-05-02 10:52 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< アズキナ 5月1日、恵庭岳-写真をメインに- >>