3月10日、北見富士登山その1

 午前2時に自宅を出て、大雪湖の防災センターに6時過ぎに到着。
 ここの駐車場で朝食とトイレタイム。
 丁度、マウンテンバイクの若者が出発するところであった。
 スパイク付きタイヤとはいえ、この時期に1000m超の石北峠を越えるのは無謀と思ったが、1週間の予定で網走の流氷を見て、苫小牧からフェリーで兵庫に戻るとのこと。
 
f0138096_11324554.jpg

                 石北峠を越えて網走に向かう兵庫県からの青年
 
f0138096_11344163.jpg

          留辺蘂町の北きつね村の駐車場から裏手の北見富士に向かった。
 
f0138096_113713.jpg

 北きつね村近くの林道から裾野沿いにスノーシューで進んだが、気温が高く20cmも沈むから尾根の取り付きまでの950mを45分もかかった。この雪質では体力と時間を消費し過ぎ、とても頂上に立てないだろう、と思った。 
 標高700m近くで、週末に登ったのかまだ新しいスノーシューのトレースがあった。それからは歩きやすくなって非常にラッキーであった。
 
f0138096_11503560.jpg

             尾根に取り付くと、至る所にあったエゾシカの糞。
 
f0138096_11571017.jpg
  
              樹木の間から頂上が望める(写真中央やや左)。
 
f0138096_1204519.jpg
 
  スノーシューのトレースに合流後は途中からツボ足になったが、ひたすら樹木の間を歩くので、ザックのスノーシューが枝に引っかかりストレスとなった。
 
f0138096_1234422.jpg

  雪が非常に少なく、南斜面の疎林部分では下草が露出していた。もう10日もすればスノーシューやアイゼンは不要となり、夏靴で登れるのではないかと思われるほど。

 山行記録
 北きつね村駐車場07:35→尾根取り付き08:20→700m09:00~09:05→900m09:53~10:00→1100m10:35~10:45→頂上11:30~12:15(昼食、下山時はアイゼンで)→1000m12:45~12:50→650m13:27~13:35(アイゼンからスノーシューへ)→林道入り口14:03→北きつね村駐車場14:25
下山後の温泉は塩別つるつる温泉

 * 最初から下山時の林道を使えば、登りに3時間、下山に1時間半の行程だろうか?
by tarumae-yama | 2008-03-12 12:35 | 登山 | Comments(2)
Commented by MS090 at 2008-03-13 23:04 x
雪はもうシャーベットみたいですね。雪が無くて幸いだったのか、大変だったのか登った事が無いので分からないですが、もう少し雪が残っていた方が登りやすそうな感じですね。
Commented by tarumae-yama at 2008-03-14 10:54
足が沈まない固い雪上歩きを期待していたのですが、4月下旬並の気温の高さでしたから雪の上は歩きづらかったですね。
その点で、雪不足は半分ラッキーでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月10日、北見富士登山写真編 北見富士と藻琴山に登る >>