北海道100名山

 利尻島で過ごしたことで、平成10年、熱中するものがテニスから登山に代わった。
 在職中で長い休みを取りにくかったから、道内にある9つの日本100名山を登っていた。
 その頃、北海道100名山を知り、9つをクリアした後とりあえず目標をそこに定めた。
 「山と渓谷社」が選定した北海道100名山と、「北海道新聞社」が選定した北海道100名山があるから、両方を踏破するには118山登らねばならない。

 数年前に道南の狩場山で知り合った札幌のUさんと、それぞれ毎シーズン登頂した数を競い合った。そして、平成17年9月6日、日高のイドンナップ山で2人同時に「山と渓谷社」の北海道100名山を達成した。
 今までの苦労が思い出されたのか、Uさんの眼が感激で潤んでいた。
 
 大量の水を持ってUさんと2泊3日で登破した1839峰の過酷さや、下山中、道に迷い、初めてビバークした野塚岳のことなどいろいろなことが思い出される。

 118山まで北見富士と日高のピリカヌプリの2つを残しているが、ピリカヌプリについてはガイド無しで登れる私のレベルの山ではないから、北海道新聞社の方は、ほぼ諦めている。
 
f0138096_1135556.jpg

 2005年9月6日、家内の手書きによる記念の紙を持ってUさんと北海道100名山達成!
 
f0138096_11383899.jpg

     2006年4月29日、Uさんと登った知床岳も過酷で印象深い山となった。
 
f0138096_11401128.jpg

 仕事を終えた後、徹夜で運転して朝4時半頃登り出し、頂上には13時を過ぎて立った。
 
f0138096_11432510.jpg

      硫黄山をバックに、頂上まで山スキー、ツボ足、スノーシューと使い分けた。
 
by tarumae-yama | 2008-01-10 11:54 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ベー・チェチョルのCD 叔母が逝く >>