冬至に樽前山

 ゲートが閉まってから初めて樽前山に登ってきた。山は先月25日の紋別岳以来である。
 肌を刺すような寒気であったが、すっきりとした青空の下、真っ白な雪の上を往復16.1kmを歩いて来た。さすがに疲れたが、2007年の山納めとして、大満足の一日であった。
 思えば、元日の紋別岳をスタートに、3月で定年退職後、車中泊しながら2度の本州登山旅行で延べふた月、連日のように登っていたから今日の樽前山が84山目にあたる。
 よくもこんなに遊んだなぁ~と思う。

 ところで、今日の樽前登山に際して、3日前に登ったばかりの隣町のKさんから情報を提供していただいた。
 お陰で、ピッケルやアイゼンなど余分な装備を持つことなく頂上に立つことが出来た。
 以下に山行記録を記す。
 ゲート前09:07→5合目ゲート09:52→7合目登山口10:42~10:50→頂上11:45~1205→7合目登山口12:35→5合目ゲート13:05~1310→ゲート13:52
(スノーシューを持って行ったが頂上までスパイク付き長靴で通した。GPSによる総歩行距離16.1km)

スキーを履いた登山者が数名いたが、小屋止まりが大半のようであった。頂上からスキーで滑り降りるにはまだ2,3度の降雪が必要と思う。
 
f0138096_174854.jpg

                 カーブミラーに映る自分を写した。
 
f0138096_17492181.jpg

 5合目のゲートを超えるとやがて樽前山が姿を現す。雪が少なく、スノーモービルの跡を使えば、登山靴で7合目まで行けそうである。
 
f0138096_17504077.jpg

                 歩き出して1時間35分、小屋に到着。
 
f0138096_17514865.jpg

                 7合目登山口上の展望台から登山道を写す。
 
f0138096_1753770.jpg

                 登山道から斜面の先に風不死岳が望める。
 
f0138096_17543193.jpg

                 外輪山から頂上部を望む。
by tarumae-yama | 2007-12-22 18:00 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 冬至に樽前山 写真編 日産カーウイングス >>