11月6日、オロフレ山

 5日、徳舜瞥山とホロホロ山を登った後、その日は登別温泉のホテルに宿泊した。
 連泊の予定だから、ホテルに家内を残し、6日の朝、単独でオロフレ山に向かった。
 この山も北海道100名山だし、好天気だから何人か登っているものと期待を抱いたが、往復誰にも会わず大外れであった。
  2日から、オロフレ峠への道は冬期間の閉鎖に入っていた。そのため、登山口がある峠の駐車場まで片道2.7kmを余分に歩かなければならないから、閉鎖を知っている登山者はこの山を敬遠したのかも知れない。
 おかげで、夏はシラネアオイの群落で有名なオロフレ山を独り占めした。
 しかし、その分熊が怖くて鈴と笛は大活躍であった。
 
 霞んでいるため、肉眼では羊蹄山や洞爺湖、カルルス湖等が確認出来るのだが、デジカメでは判然としないからブログに載せることが出来なかった。
 
f0138096_22142099.jpg

                 中央がオロフレ山
 
f0138096_22154465.jpg

           登山道のすぐ横が崖となっていてスリル満点の箇所
 
f0138096_22171037.jpg

                 崖となっている所
 
f0138096_22182966.jpg

                 頂上からの眺望、白く輝いているのは太平洋
 
f0138096_22194751.jpg

 左端は昨日登った徳舜瞥山と隣のピークがホロホロ山、中央奥に風不死岳と樽前山
 
f0138096_22222248.jpg

           頂上直下から、尾根伝いに登山道が見える。
by tarumae-yama | 2007-11-07 22:27 | 登山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2007-11-07 23:46 x
オロフレ山の崖、熊の恐怖・・・ 読んでてドキドキしましたよ。他に登山者が居なかったなんて、「熊」が恐怖ですよねー、どーぞお気をつけて!!
Commented by tarumae-yama at 2007-11-08 08:07
永年、熊の糞しか見たことがないので遭遇することがないと変な確信があります。
でも、maatota さんは知床でいきなり熊に出くわしたのですね。
遠くからなら見てみたいものです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 登別温泉地獄谷 11月5日、徳舜瞥山 >>