11月5日、徳舜瞥山

 5日、徳舜瞥山に登ってきた。
 さすが北海道の100名山である。登山口の駐車場には平日にも拘わらず既に3台の車が止まっていた。
 快晴の下、駐車場から雪で白く輝く羊蹄山の頂上部がくっきりと望むことが出来た。
 高度計で950m程上がると、前日に降ったと思われる雪が現れてきた。
アイゼンを使うほどではないが、念のためスパイク付きの長靴にしたのは正解であった。
 朝の快晴はあてにならないと言うが、この頃から雲がどんどん増え、1時間5分後に頂上に立った時はガスの中であった。
 雲が切れるのを期待して、隣のホロホロ山まで1時間かけてピストンをすることにした。
 ホロホロ山で30分程天気の回復待ちをしたが期待した程良くならず、車内に家内を待たせているから時間切れで下山することにした。
 ホロホロ山の頂上で、室蘭から1人で来たという男性と話をしたが、今年この山が147山目と聞いて大変驚いた。 
 私も、今年から毎日が日曜日だから山三昧の日々だが、それでも80山に達するかどうか、上には上がいるものである。

 下山後、千歳の自宅には戻らず登別温泉のホテルに向かった。
 
f0138096_16434985.jpg

                 登山口にある駐車場から羊蹄山がくっきりと見える。
 
f0138096_16444310.jpg

       雲がどんどん増えてきてが、中腹からかろうじて羊蹄山の全容が望める。
 
f0138096_16462476.jpg

    中腹から正面奥に恵庭岳、その右下に僅かに見える支笏湖が判るだろうか?
 
f0138096_16475585.jpg

               徳舜瞥山頂上から雲に隠されているホロホロ山頂上部
 
f0138096_1649125.jpg

           ホロホロ山頂上から遠くに支笏湖と右に風不死岳と樽前山
 
f0138096_1649562.jpg

                ホロホロ山から徳舜瞥山を望む
by tarumae-yama | 2007-11-07 17:00 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 11月6日、オロフレ山 オオウバユリの種子 >>