ドレモルタオのパン

 やっと「ドレモルタオ」のパンを買うことが出来た。味の比較に千歳の超有名店である「もりもと」のパンも数個買ってきた。
 
 私が小学校5年生の時の給食で、初めて「もりもと」のコッペパンを食べた記憶がある。
 それから丁度50年、「もりもと」は今や札幌のデパートやイオンに進出し、道内に25店舗を持つまでに大成長した、知る人ぞ知る千歳の菓子店である。
 この店の「ハスカップジュエリー」というクッキー菓子は、かつて全日空の機内用として採用されたこともあり、「もりもと」発展の礎と言えるような代表的な商品である。
 まるで今話題の石屋製菓の「白い恋人」のようだ。
 
 ともあれ、「ドレモルタオ」のパンは香ばしく大変美味しかった。少々高いと思うが、レジでの精算時、前に並んでいたお客の多くがポイントカードを出して支払いをしていたから、リピートが多く、確実にファンを増やしている印象を持った。
 一方の「もりもと」の店内は、心なしかいつもの賑わいがないように思われた。
 しかし、二者択一なら、パンの種類が多い、価格の割に品質が高い、自宅から近い等々総合的に判断し、私は「もりもと」のパンを選びたい。
 
 家内の感想は、7月31日のブログで紹介した、千歳の住宅街にある小さなパン屋さん「ちいさなめ」のパンが好きだ、というものであった。
 
f0138096_111123.jpg

                 「ドレモルタオ」のパンコーナー
 
f0138096_1114831.jpg

                 「もりもと」のパンコーナー
 
f0138096_1121861.jpg

                 「ドレモルタオ」(左)と「もりもと」のパン
by tarumae-yama | 2007-08-24 11:08 | 食べ物 | Comments(2)
Commented by マリ at 2007-08-25 14:47 x
LeTAOさんは相変わらずの混雑ぶりですね。
今度帰省した時には絶対に行ってみたいです。
それにしても、先日のカフェもこちらのパンコーナーも見渡す限り女性ばかり(笑)

こういう楽しみがあるから女性はいつも元気なのです☆
Commented by tarumae-yama at 2007-08-25 16:08
マリさん
ルタオやもりもとについての投稿にマリさんがどんな反応みせるか、我々夫婦の楽しみでした。
帰省したときは、またご夫婦でお寄り下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 自転車道路沿いの小さな秋 MRI初体験 >>