8月14日、幌尻岳

 5月8日に宮之浦岳と永田岳をピストンした時、たまたま登山口から頂上まで一緒したアヒル山歩隊副隊長である名古屋のOさんの話は、このブログで何度か取り上げた。
 そのOさんと幌尻岳に昨日日帰り登山をしてきた。

 11年前に登った時より2.5km手前にゲートが出来ていて、近くに広い駐車スペースが設けられていた。このゲートにより往復5kmの林道歩きがプラスされた。
 取水ダムまで7.5kmをマウンテンバイクを使った。十数回の徒渉は、ここ数日の好天で水量が少なく、拍子抜けするほどだった。
 前回は、大雨の翌日だったので川を前に登山を断念しようかという程の水量であった。
 登山道も、100名山人気のせいか随分としっかりしたものになったという印象を持った。
 体調が良ければ戸蔦別岳経由で下山予定だったが、幌尻山荘に到着した段階でスタミナの心配から断念し、幌尻岳ピストンとなった。

 猛暑下での登山となったが、冷たくて美味しい「命の水」には助けられた。十分な水を用意したつもりだったが、「命の水」のおかげでたっぷりと水分補給が出来、熱中症の心配なく歩けた。

 自宅を午前0時過ぎに出た。むかわの道の駅でOさんと2時に合流、林道のゲート前を4時半に出発し、下山は17時40分。GPSによる総歩行距離は28.4kmというかなりハードな山行となった。寝不足もあってヘロヘロになって帰宅したが、天気と眺望と花に恵まれ満足感は一杯だ。
 
 以下に山行記録を記す。
仮ゲート04:30→ゲート04:48→取水ダム05:45~05:50(マウンテンバイクから徒歩)→徒渉点06:30~06:40(沢靴に履き替え)→幌尻山荘07:30~08:00→命の水場09:20~09:35→幌尻頂上11:37~12:40→命の水場13:50~14:10→山荘15:00~15:30→徒渉点16:25→取水ダム16:52~17:00→ゲート17:23→仮ゲート17:40
 
f0138096_1184152.jpg

                 徒渉、水量はこの程度から膝下まで
 
f0138096_111088.jpg

                 お花畑から戸蔦別岳
 
f0138096_1110436.jpg

                 正面に幌尻岳
 
f0138096_11111669.jpg

                 頂上から北戸蔦別岳方面
 
f0138096_1117186.jpg
 
                お花畑に向かって下山中のOさん
 
f0138096_1117357.jpg

                 GPSの記録
 
f0138096_1118037.jpg

                 GPS(徒渉部分のみ)の記録

 * 花の写真等はあと2,3回に分けてアップしたい。
 
                 
by tarumae-yama | 2007-08-15 11:28 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 8月14日、幌尻岳その2 明日、日高の最高峰幌尻岳に >>