ガスと強風の樽前山

 大阪からKさんご夫妻が来道したので、樽前山を案内した。
 夏に私達夫婦と山に同行するのは平成7年以来、毎年恒例の行事となっている。
 当初の計画は、一泊で大雪山系緑岳であったが、ご夫妻が風邪気味のため、近間で軽めの山という希望で樽前山となった。
 ガスと強風でドームすら見えない視界の悪さと寒さに、樽前神社辺りから引き返したが、お目当てのイワブクロウは今が盛りで堪能してもらうことが出来たと思う。
 温泉は、支笏湖周辺は入り尽くしている様子に、我が家と逆方向になるが早来町の鶴の湯温泉まで足をのばした。
 ひなびた温泉で地元のご老人が多いが、泉質の良さが口コミで広がるのか、夏休みには本州からツーリングの途中に寄っていく若者の姿も多く見かけるようになる。

 写真の説明になるが、おにぎりの中身は梅干しではなく、ハスカップの実を塩漬けにしたものである。7日に漬けたばかりの初物で、このおにぎりは我が家の山行には定番?となっている。
 4枚目は、同じハスカップの実をシロップにして、それからゼリーを作ったものである。
 我が家の収量では果実酒にジャムと塩漬けで一杯一杯で、なかなかシロップに回すだけの余裕はないが、今年は見込みより多く採れた。
 
 
f0138096_22295790.jpg

                 タルマエソウ(イワブクロウ)を撮る
 
f0138096_22303320.jpg

                 おにぎり
 
f0138096_22312597.jpg

                 鶴の湯温泉
 
f0138096_22314952.jpg

                 ハスカップゼリー
 
by tarumae-yama | 2007-07-17 22:42 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< プリズン・ブレイク 樽前山のタルマエソウ >>