アヒル隊長のHP

 宮之浦岳を登った時、淀川登山口から殆ど同時に出発した青年と同じようなペースだったので、話をしながら頂上に立った。
 彼は「アヒル山歩隊」というユニークなタイトルのHPを持っている。プラスティック製?の小さなアヒルを何時も持っていて、写真撮影の際そのアヒルを取り込んだアングルで良く撮っていた。そのアヒルが隊長で、彼本人は副隊長なんだそうだ。
その彼のHPで宮之浦岳の登山記録がアップされたので、ご紹介したい。
http://www.geocities.jp/ahiru_sanpotai/ 
なぜ、紹介したかと言うと、何時撮られたのか全く気がつかなかったのだが、トップに私の写真が載っていたからであり、更には、8時38分撮影の写真説明で私の事が触れられていたからでもある。

 ちょっとPRをしたが、正確には札幌からではなく千歳であり、お父さんという表現は事実ではあるが、若さを誇る私としては少々不満である。
 といいつつも、スキーの指導員でもあるというOさんは、明朗闊達な好青年であった。
 
f0138096_23563877.jpg

                 頂上でアヒル隊長を撮影中の作者
by tarumae-yama | 2007-05-27 00:12 | 登山 | Comments(2)
Commented by アヒル副隊長 at 2007-07-27 00:25 x
お久しぶりです!登場が遅くなり申し訳ありません。宮之浦岳ではご一緒いただきありがとうございました。あの後無事荒川口まで縦走をしてタクシーで淀川口に戻りました。ヤクスギランドの近くで札幌ナンバーのエクストレイルとすれ違ったみたいです。
それから「お父さん」という表現がお気に召さなかったようで申し訳ありません。決して僕から見た感じではなくて、世間一般で見た「素敵なお父さん」に見えたのでそう書かせてもらいました。どちらにせよ言葉不足で不快な思いをさせてしまったようですみませんでした。これからはもう少し表現に気をつけます。
Commented by tarumae-yama at 2007-07-27 16:52
アヒル副隊長さん
しばらくでした。
時々貴方のHPを見てました。
「お父さん」という表現に全く不快感は持っていないのでご安心下さい。自虐的に面白おかしく表現したユーモアのつもりでした。
  来月、道内にある100名山を登りに来られるとのことでご一緒出来ることを楽しみにしております。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山に登る 千歳に戻る >>