多峰古峰山、2018年1月12日

この冬、初めての多峰古峰(たっぷこっぷ)山に登ってきた。
ゲート前に我々の車を停めるべく、スコップで排雪してスペースを確保した。

前日からの雪が10cmほど積もっていたけれど、新雪の下にうっすらと古いトレースがあった。
M夫人のみワカンで、ワカン愛用派のH原さんも今日はスノーシューを履いて、我々はその不鮮明なトレースをたどった。

過去の記録を見るに、まだ積雪が少なくて笹が煩わしいとあったけれど、この降雪のおかげで笹がストレスになるほどでなかったのは有難かった。

前日の風不死岳の時とは逆で、出だしは雪がちらついていたのだが、1時間半後に頂上に到着すると、青空が広がっていて素敵な眺望が我々を迎えてくれた。
風も殆どなく、とても厳冬期の山とは思えない。

真冬にこんな穏やかな日はそうないだろうから、我々は皆満面の笑顔だった。
青空と太陽の力は偉大だとつくづく思う。

ウサギの足跡は賑やかだったけれど、誰にも会わない我々だけが堪能した多峰古峰山だった。

山行記録
休憩も含め登りに1時間28分、下りは59分

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21524320.jpg
スタート前にスコップで軽く雪かき作業
f0138096_21525990.jpg
目立たない登山口の標識
f0138096_21532790.jpg
正面に多峰古峰山
f0138096_21533020.jpg
f0138096_21533381.jpg
f0138096_21533665.jpg
頂上直下の登り
f0138096_21534040.jpg
頂上に到着。頂上標識を撮影するぶるままさん。前回登った時は気がつかなかったらしい
f0138096_21534337.jpg
上々の天気に笑顔の同行者。バックに樽前山
f0138096_21535578.jpg
頂上の先のビューポイントまで移動
f0138096_21535847.jpg
恵庭岳をバックにビューポイントで同行者を写す
f0138096_21540146.jpg
今回M夫妻からの差し入れはいちご大福
f0138096_21540415.jpg
支笏湖ブルーの支笏湖と左端に恵庭岳、真ん中にイチャンコッペ山、右端に紋別岳
f0138096_21540895.jpg
真ん中に932m峰、左に前日登った風不死岳、右に樽前山
f0138096_21541154.jpg
恵庭岳の雲が取れて頂上岩塔がクッキリと見える
f0138096_21543503.jpg
青空と素晴らしい眺望に笑顔があふれるM夫人とぶるままさん
f0138096_21543858.jpg
f0138096_21544006.jpg
ビューポイントまで戻る
f0138096_21544409.jpg
f0138096_21544776.jpg
ビューポイントにデポしていたザックを担いで名残を惜しみつつ下山
f0138096_21545024.jpg
今日の風不死岳の頂上部は、樹氷が青空に映えていそうだ
f0138096_21550636.jpg
倒木をくぐるMさん
f0138096_21550989.jpg
倒木の上からジャンプするM夫人
f0138096_21551216.jpg
影絵で遊びながら
f0138096_21551486.jpg
もうじきゲート。H原さんは姿が見えないほどずっと前を歩いている
f0138096_21551761.jpg
無事下山

by tarumae-yama | 2018-01-13 08:21 | 登山 | Comments(4)
Commented at 2018-01-13 08:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2018-01-13 17:26
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
期待以上の天気と眺望で、皆さん笑顔一杯でした。
鍵コメさんにもお見せしたかったです。

近いうちにご一緒出来ると嬉しいです。

Commented by murasaki603 at 2018-01-13 19:32
はじめまして MURASAKIです
コメントありがとうございます
素晴らしい山の景色と楽しいお仲間との登山の様子が
素敵です。
見ることがなかなか出来ない景色なので、時々おじゃまして
拝見していました
これからも すてきな景色を見せていただきたいです

Commented by tarumae-yama at 2018-01-14 18:47
MURASAKIさん
コメントを有り難うございます。
天気に恵まれると気持ちも高揚して嬉しくなります。
そんな晴天の時は、見慣れた光景でも感動します。
カメラの腕はお粗末なものですが、少しでも山からの景色を楽しんでいただけるのなら望外の喜びです。

拙いブログですが、気が向いたときにでも遊びに来ていただければ嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、2018.1.11 風不死岳北尾根、2018.1.... >>