樽前山、2017.11.10ーその2 ー

溶岩ドームの上で昼食後、隊長Oさんが用意したザイルを使うことなく全員無事にドームから下りた。
その後、前方に冠雪した羊蹄山を望みながら支寒内コースへ。

外輪山の急な斜面こそ岩場だが、その後はとても歩きやすい日本庭園のようなコース。
その後、2年前の大雨で影響受けた倒木帯を越えるといよいよ苔の洞門へ。

4日前の6日にも隊長Oさんとこのルートで歩いていてブログにアップしているから、重複を避けるために登山道の状況等については省略したい。

楓沢は3度経験しているM夫妻だが、初めて歩く苔の洞門の印象を聞くと、夫人は「本家だけあってこちらの方が高さもあって素晴らしい!」と。
私も楓沢を何度(11回)も歩いている分、長年歩いていなかった苔の洞門の方が印象が新鮮で素敵に思えた。

ゲートが13日で冬期閉鎖して遠くなった樽前山だが、苔の洞門のピストンだけなら年内はラッセルすることなく楽しめるかも知れない。

林道からのルートはしっかり覚えたので、関心のある山友に声をかけてみようかと思う。

山行記録
ゲート前07:35→花畑コースの登山道に合流09:13→外輪山09:54→溶岩ドーム10:27~11:00(昼食)→外輪山分岐11:25→苔の洞門12:15→ゲート前13:27
f0138096_18025445.jpg
隊長Oさんがザイルを出したけれど
f0138096_18033947.jpg
f0138096_18042378.jpg
f0138096_18050085.jpg
使わずに下りた
f0138096_18050064.jpg
前方に羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_18052381.jpg
溶岩で出来た支寒内コースの斜面を下る
f0138096_18052714.jpg
奥に溶岩ドームの頭が見える
f0138096_18053151.jpg
2年前の記録的な大雨の影響か
f0138096_18053527.jpg
f0138096_18054537.jpg
f0138096_18054806.jpg
f0138096_18055287.jpg
f0138096_18055675.jpg
f0138096_18060469.jpg
カッパドキア?を撮影するMさん
f0138096_18060888.jpg
f0138096_18061382.jpg
f0138096_18061722.jpg
f0138096_18062869.jpg
f0138096_18063259.jpg
f0138096_18063657.jpg
f0138096_18064153.jpg
f0138096_18065129.jpg
上の15枚の写真は何れも苔の洞門で撮影
f0138096_18070260.jpg
苔の洞門から右岸の尾根によじ登る
f0138096_18070659.jpg
無事到着

by tarumae-yama | 2017-11-15 07:18 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、2017.11.10... 樽前山ご来光登山、2017.1... >>