紋別岳、2017.7.26

意外にも未踏だというなおさんと紋別岳に登ってきた。
私は4月21日以来3ヶ月ぶりで、そのときはまだ紋別岳は雪景色だった。

7月5日、なおさんとAさんの3人で樽前山に登ったとき、なおさんから本を借りたのだが、読後なおさんの了承を得てAさんに又貸しした。
そのAさんからお礼のお菓子を託されていたので、厚かましいとは思いつつなおさんに千歳まで受け取りに来てもらった。

そのついで(?)に、折角だからと紋別岳へお連れした。
花の撮影に関心が高いなおさんだから、この時期花のない紋別岳よりまだ樽前山の方が良いとは思ったのだが、紋別岳が未踏ということなら選択の余地はない。

昼からのスタートだったので、途中数名の下山者と挨拶を交わした後は、無人の頂上で支笏湖を眼下に心地良い風を受け小一時間のんびりと過ごした。

登りに1時間22分、下りに1時間。
f0138096_18444972.jpg
f0138096_18445349.jpg
f0138096_18445924.jpg
f0138096_18450341.jpg
f0138096_18451332.jpg
支笏湖と恵庭岳
f0138096_18451664.jpg
紋別岳に初登頂のなおさん
f0138096_18452057.jpg
支笏湖をアップで
f0138096_18452378.jpg
家で冷凍にしておいたマンゴプリンを前景に支笏湖と奥に樽前山(左)と風不死岳
f0138096_18453263.jpg
なおさんからいただいたクリームスイカと、わかさいも本舗札幌パセオ店限定のケーキ大福
f0138096_18453560.jpg
マンゴプリンをなおさんにもお裾分け、それらを撮影するなおさん
f0138096_18454046.jpg
食べかけの写真だが、クリーム大福はくせになりそうな美味しさだった
f0138096_18455333.jpg

紋別岳頂上でジャンプするなおさん
f0138096_18455847.jpg
下山は途中まで電柱沿いの直登コースを選択したのだが、笹で足下が見えず
f0138096_18460322.jpg
下山中の山ガールを撮影。真ん中の女性は2,3年前恵庭岳で挨拶を交わしているMさんだった。左端の女性はMさんの友人で今日が山デビューとのこと。右端になおさん
f0138096_18460883.jpg
無事下山

by tarumae-yama | 2017-07-27 07:22 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 富良野岳~上ホロカメットク山... 富良野岳~上ホロカメットク山... >>