中天狗岳、2017.7.15

中天狗岳に登ったのが7月15日で、当日の夜中に速報版をアップしたけれど、その後報告がずっと延び延びになっていた。
やっと手をつけだしたが、今度は記憶が飛んでいて何を書いて良いのやらという状況に陥っている。

まあ、私の記事を見てこの山に挑戦しようという読者は皆無だと思うので、写真だけアップすればそれでも良いかもとは思っている。

それにしても中天狗岳はとても大変な山だった。
同じ歳だが、私より遙かに体力のあるH原さんもかなりしんどかった様子に見えた。

何より、涸れ沢から頂上までが想定以上に時間がかかり、特に頂上直下の花畑が急斜面で草の根を掴みながら四つん這いで登らざるを得なかったのに、それでもスリップしまくりで、大変なストレスだった。

その上、下山時に転倒し、持っていたピッケルでズボンをかぎ裂きにしたし、8年前の幌尻岳で使ってからずっと放置していた沢靴のフェルト部分が、川の徒渉半ばで半分以上剥離するというトラブルもあって、今回の中天狗岳は何とも強烈な印象を残した山となった。

山行記録
ゲート先の林道駐車地点07:24→林道終点入渓地点08:06→直登沢出合09:12→涸れ沢09:40→頂上12:30~13:05(昼食)→直登沢出合14:44→林道取り付き15:55→駐車地点16:33
f0138096_16440086.jpg
駐車場所で沢用の靴下と靴を履くH原さん
f0138096_16440657.jpg
林道を40分ほど歩いてから入渓、その場所にピンクテープと川の岩の上に目印のケルンを積む
f0138096_16441070.jpg
f0138096_16441566.jpg
デブリで出来た雪のトンネルが現れた。いつ崩れる分からないのでトンネルの上を進む
f0138096_16442732.jpg
直登沢出合に到着
f0138096_16443190.jpg
f0138096_16443505.jpg
30分程で涸れ沢になるが、これが倒木や不安定な石や岩がゴロゴロで大変だった
f0138096_16443990.jpg
なので、涸れ沢を突破して花畑に出るまで誰も撮影せず
f0138096_16444850.jpg
花畑も傾斜が急で四つん這いで登らなくてはならない
f0138096_16445271.jpg
途中の花がしんどさを薄めてくれる
f0138096_16445617.jpg
頂上から、独特な山容を見せる崕(きりぎし)山


f0138096_16450240.jpg
昼食後、スリップ防止のためにピッケルを持って下山。右上に中岳、中央上に芦別岳
f0138096_16451407.jpg
シナノキンバイとトウゲブキのお花畑
f0138096_16451831.jpg
涸れ沢では桜が咲いていた
f0138096_16452429.jpg
涸れ沢を下り、水が湧き出ているところで飲み水の補給をするMさん
f0138096_16452986.jpg
転倒したときピッケルでズボンにかぎ裂きを作ってしまった。足にまで及ばなかったのは本当にラッキーだった
f0138096_16453900.jpg
直登沢で一番苦労したところ
f0138096_16454301.jpg
直登沢出合まで無事降りてきた。出合で顔を洗うAさん
f0138096_16454759.jpg
川を下っている途中でフェルトの底が剥離した。靴紐が長めだったのでそれで縛って何とか最後まで持ってくれた
f0138096_16455173.jpg
涸れ沢でどろどろに汚れたズボンを洗うAさん
f0138096_16460649.jpg
ケルンを積んだところまで戻ってきた
f0138096_16461026.jpg
行きは見なかった熊の足跡が帰りの河原に残っていたし、林道には4,5カ所熊の糞があった
f0138096_16461493.jpg
駐車地点で沢用の靴下を絞るMさん

by tarumae-yama | 2017-07-23 17:24 | 登山 | Comments(4)
Commented by 池田のY at 2017-07-23 19:05 x
雪がなくてもピッケルを持つことがあるんですね!!Σ( ̄□ ̄;)
四つん這いで登った草地をくだるなんて、想像するだけで大変そうです。
でもお花畑の写真や沢の写真はとても魅力的ですね
Commented by i-tomo at 2017-07-23 20:34 x
中天狗岳なかなかの山ですね。
芦別岳周辺はまだ未開なのでとても参考になりました!
おつかれさまでした!
Commented by tarumae-yama at 2017-07-23 22:24
池田のYさん
コメントを有り難うございます。
実はもっと雪渓が残っているとの予想の元にピッケル持参でしたが、粘土質の傾斜の強い部分ではピッケルを打ち込みながら体を持ち上げました。
でも、ピッケルは場合によってはとても危険ですね。
両刃の剣ということがよく分かりました。

真夏の沢登りは気持ちが良いですね。
沢の源頭部分には花畑になっている山も多いですし。
Commented by tarumae-yama at 2017-07-23 22:27
i-tomo さん
コメントを有り難うございます。
参考になったのなら嬉しいです。
GPSの軌跡もあるのですが、ブログには載せませんでした。
もう少し雪渓が残っていたならこれほど苦労はしなかったと思います。
その意味で、時期の選定が難しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、2017.7.22 大雪山3色登山、2017.7... >>