樽前山、2017.6.6

今回の樽前山でエゾイソツツジは順調に見えたけれど、樽前山を代表する他の花のタルマエソウとマルバシモツケだが、特にマルバシモツケの開花状況は少し遅れているように感じた。

エゾイソツツジとマルバシモツケが競演するお花畑はスケール感があって見応えがあるのだが、もしかするとエゾイソツツジが終盤を迎えた頃にマルバシモツケの見頃を迎えるのかも知れない。

今回の樽前山では知人も登っていたようだが、残念ながらスライドすることはなかった。
ただ、ストライプ付きのコメバツガザクラを見つけたとき、すぐ後ろにいた男性にも教えて話をしたところ、私のブログを毎日見ているとのこと。
それだけでも驚きだが、その男性(S村さん)の同級生の山友さんが、以前ブログで紹介した銭湯経営のOさんであると聞いてびっくりだった。

山での不思議な縁を感じるばかりだ。

肝心の山報告だが、同行のgenesis1_1さんがヤマレコで報告しているため、またも私は手を抜かさせてもらおうと思う。

genesis1_1さんのヤマレコ↓
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21250830.jpg
ウコンウツギのお花畑
f0138096_21215966.jpg
同上、エゾイソツツジが見頃になりつつある
f0138096_21222419.jpg
正面にこれから向かう932m峰
f0138096_21223325.jpg
樽前山でまだ1株しか見た事のないハクサンチドリを撮影中のgenesis1_1さん
f0138096_21224875.jpg
そのハクサンチドリ、まだ蕾の状態
f0138096_21253591.jpg
蕾を付けたタルマエソウの大株
f0138096_21254235.jpg
イワヒゲ
f0138096_21265425.jpg
お花畑コースから、雲海の上に芦別岳や夕張岳が見える
f0138096_21270112.jpg
イワヒゲを入れて支笏湖
f0138096_21271521.jpg
ここから観る樽前山が好きだ。932m峰と風不死岳への分岐付近
f0138096_21272259.jpg
正面奥に、翌日登った徳舜瞥山とホロホロ山が見える。左上近くにオロフレ山
f0138096_21274260.jpg
羊蹄山と左に尻別岳
f0138096_21274636.jpg
正面奥に932m峰と右に風不死岳
f0138096_21275707.jpg
西山の頂上で談笑するgenesis1_1さんとjujucaさんと御主人
f0138096_21280953.jpg
溶岩ドームを観る同行者
f0138096_21282521.jpg
赤と白のコマクサ。自生種ではないがもう駆除が追いつかないほど増えている
f0138096_21283150.jpg
正面に羊蹄山
f0138096_21284930.jpg
東山頂上の同行者
f0138096_21285427.jpg
支笏湖ブルーの支笏湖を眼下に下山
f0138096_21291347.jpg
途中、札幌と苫小牧の二人組に東山からお花畑コースへのルートを説明するgenesis1_1さん
f0138096_21292353.jpg
ストライプ入りのコメバツガザクラを撮影するgenesis1_1さん
f0138096_21295282.jpg
同上、札幌からのS村さん。私のブログの読者だという
f0138096_21300081.jpg
S村さんとgenesis1_1さん
f0138096_21302248.jpg
漁岳の頂上で、S村さんの同級生で、札幌で銭湯を経営するOさん(右端)、真ん中はOBATAさん、その左にSさん。
2014年7月18日の記事に樽前山でお話をしたOさんを紹介している。写真は2016年5月2日の撮影
f0138096_21304695.jpg
駐車場のすぐ上の所でお会いした二人組。男性の持っているカメラはGoogleストリートビューに載せるためのものとのこと。樽前山の様子は、Googleで近日中に観られるらしい

by tarumae-yama | 2017-06-09 07:36 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 徳舜瞥山とホロホロ山、201... 徳舜瞥山とホロホロ山、2017... >>