旧道から芦別岳、2017.5.20 -その2-

北尾根に乗るとまだ芦別岳の頂上部は見えないけれど、周囲の景色が飛び込んできて一気にテンションが上がった。

もっともスタートからすでに5時間以上経過し、この先頂上まで大小のピークを幾つも越えなければならないことを思えば、たちまちそのテンションも下がり、むしろ歩き通せるか不安が湧き上がるようだった。

稜線歩きも残雪の多いところでは夏道が隠されているから、ハイマツの周りをウロウロしながらピンクテープがないかキョロキョロ。
そんな繰り返しが何度かあると、どんどん体力が削がれ足も攣りそうになる。

単独ならすっかり気も滅入るところだが、仲間から気遣ってもらいながら楽しみにしていたツクモグサに出会ったことで、また体力気力が盛り返すようだった。

それにしても旧道から頂上まではとてつもなく長かった。
あまりにも疲れたためか頂上に到着した感動はさほどなく、むしろ本谷から登ってきた男性に勧められた、冷えたビールの一口の美味しさに歓喜した。

ビールをご馳走してくれた男性の話では、6月の旧道は花が素晴らしいそうだ。
だが、花がなくても旧道歩きは変化に富んでいて、山歩きの愉しさを十二分に感じることが出来た。

過酷な旧道だったから再訪はあり得ないと思うものの、もう10歳若ければ花が見事な6月に登りたいという気がしないでもない。
f0138096_15125942.jpg
緩んだ雪に太ももまで埋まったshikeさん
f0138096_15131460.jpg
写っているのはi-tomoさん
f0138096_15134861.jpg
分かりにくいが、右上近く急斜面にはり付くshikeさん
f0138096_15135209.jpg
f0138096_15135947.jpg
崖状になっていて一時も気が抜けない
f0138096_15140347.jpg
同上。頂上がかなり近くなってきた
f0138096_15141118.jpg
ピントが甘いけれど、楽しみにしていたツクモグサ
f0138096_15141544.jpg
黄色い円内に本谷を登る二人組
f0138096_15142346.jpg
少しアップで。と言っても私のレンズではこれが一杯一杯
f0138096_15142628.jpg
二人組の後ろにソロの男性(緑色の円内)
f0138096_15143414.jpg
最後の雪渓を越えると頂上は目の前
f0138096_15143867.jpg
頂上が手に取るようになって来た
f0138096_15144562.jpg
中央右下にソロの男性が見える
f0138096_15145062.jpg
頂上直下のikenoyaさん
f0138096_15145888.jpg
霞んでいるが遠くに夕張岳
f0138096_15150240.jpg
頂上到着のikenoyaさん
f0138096_15150827.jpg
本谷から登ってきた男性に撮っていただく。女性軍は顔出しNGなので



by tarumae-yama | 2017-05-24 07:13 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by くーた at 2017-05-25 22:08 x
かなりハードな山行、お疲れ様でした。
本谷の上部の雪はもう溶けてしまっているのですね。
今年も行こうと思っていたのですが、バイクにうつつを抜かしている間に夏山の季節になってしまいました(^_^;)
来シーズン、本谷ルート行きませんか?(笑)
Commented by tarumae-yama at 2017-05-25 23:24
くーたさん
コメントを有り難うございます。
くーたさんは、昨年すみたこさんと二人で本谷から登っているのですね。
今頃なら雪が腐って私でも登れるかも知れませんが、本谷はでも私のレベルでは無理だと思っています。

芦別岳の2日前に槙柏山を案内してくれたAさんと、この槙柏山の時のルートを使って北尾根に乗ればもう3時間くらい早く芦別岳に登れそうとのことで、来年そのルートで挑戦するかも知れません。
後日、このルートの事を記事にしようと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 旧道から芦別岳、2017.5... 旧道から芦別岳、2017.5... >>