坂口一弘氏著の「ほっかいどう山楽紀行」届く

4月1日にブログでタイトルの本を紹介した。
その時に詳しくは書かなかったのだが、写真を提供したお礼としての本が発売前の17日に送られてきた。

巻末には写真を提供した14名の名前が掲載されており、その中に私も加わっていることを光栄に思う。

事前に坂口氏から、恵庭岳と樽前山に来馬岳を紹介したブログの写真を使うと聞いていたのだが、どうやら恵庭岳と樽前山だけになったらしい。

私としては、来馬岳の写真が一番気に入っていただけに一寸残念(^^;)
f0138096_11322311.jpg
f0138096_14112680.jpg
本には採用されなかった来馬岳の写真。2015年6月1日の撮影。
写っている男性は室蘭でラーメン店を経営する「なかよしさん」、この日頂上で偶然お会いした。同じHYMLの会員で知人である。
20日に発売される本には、カルルス山・来馬岳のページになかよしさんが、坂口氏とツーショットで掲載されている

by tarumae-yama | 2017-04-19 11:35 | 日々の出来事 | Comments(4)
Commented by なお at 2017-04-19 12:52 x
自分が撮った写真が本で使われるなんて、嬉しいですよね。
私ももっと上手に撮れるように勉強中ですが、なかなか頭に入らず・・・

日曜日は野塚ではなく伊達紋別岳に変更されたんですね。
どうなったのかな~と写真を楽しみにしておりました。

早く雪が溶けて欲しいものです。
Commented by ejichan555 at 2017-04-19 21:11
こんばんは。
日曜日の伊達ハーフマラソンの帰路、夕食を八雲の蕎麦屋さんでとったのですが、そのときに坂口さんもいました。
山ガールの相棒が握手してもらって喜んでいました。
Commented by tarumae-yama at 2017-04-19 23:25
なおさん
コメントを有り難うございます。
私の写真が本に採用されるという事は名誉なことですね。
なおさんは本まで買って勉強しようとする意欲は立派だと思います。
昔、二十歳そこそこでカメラを買い、職場に暗室があったこともあってフィルム現像から印画紙の焼き付けまで教えてもらいました。
その頃は、自分で撮って焼き付けた写真が全て傑作に見えたものでした。

写真展や(写真の)月刊誌などで沢山の写真を見る内に、なおさんの目が肥えてくると思います。
最初はそんな素敵な写真の真似でも良いのではないかと。

野塚岳は「てんくら」で爆風予想だったので、あれこれ迷った末に伊達紋別岳に転進しました。
Commented by tarumae-yama at 2017-04-19 23:50
ejichan555さん
コメントを有り難うございます。
伊達紋別岳に登った同じ日に伊達ハーフマラソンがありましたね。
ejichan555さんもマラソンをやるのですね。
坂口さんが参加していたとは。

私達が下山後、立ち寄った温泉にマラソンの参加者もいました。

これからはマラソンに良い季節ですね。
千歳のJALマラソンにも参加されるのでしょうか?
名前
URL
削除用パスワード
<< 伊達紋別岳、2017.4.1... 伊達紋別岳、2017.4.16 >>