イチャンコッペ山と幌平山、2017.4.6

前日に登った恵庭岳の報告がまだなのだが、晴れていたこともあり同じような写真が多く、ブログ用の写真を選択する気がなかなか起きない(^^;)

恵庭岳下山後、帰宅してスマホの電源を入れると、Sさんから「明日ひょっこり休みなんで、何処か山行ご一緒出来たら・・・・」とのLineが入っていた。
たまたま、翌日はMさんも休みと知らされていたので、M夫人に電話をすると「一緒します。」とのこと。
そんな訳で、4名でイチャンコッペ山と幌平山に登ってきた。

初夏を思わせる陽気に、出だしの登りから汗が噴き出した。
最初は全員つぼ足で登ったけれど、腐れ雪のため女性二人は途中でアイゼンを装着、Mさんと私は幌平山斜面のトラバースを終えたところでスノーシューを履いた。
スノーシュー組の二人の後をアイゼンスタイルの二人が付いてくる形で、女性達の踏み抜きはかなり解消されたと思う。

イチャンコッペ山の頂上は、標識が隠れているほど積雪が多かったのは驚きだったものの、帰りに寄った幌平山はあと1週間から十日ほどで笹が出て来そうな感じ。
だから、その後に登るのはしんどいかも知れない。

誰にも会わない我々だけの静かな山だったけれど、登山口の直ぐ近くでMさんがiPhoneを拾った。
我々が幌平山を登っているタイミングで、イチャンコッペ山に向かった登山者がいたのかも。
iPhoneはMさんが警察に届けたから、紛失に気がついた方はとりあえず電話で問い合わせたらと思う。

山行記録
登山口08:04→旧反射板ピーク10:17→イチャンコッペ山頂上10:36~10:56(軽食)→幌平山頂上12:19~12:27→登山口12:53
f0138096_09223053.jpg
イチャンコッペ山の頂上で久しぶりにボルトポーズ。Jさん、お元気かな?
f0138096_09224202.jpg
登山道上は積雪状態。最初の急登部分はまだ1週間は解けないかも
f0138096_09224691.jpg
とりあえず全員つぼ足で
f0138096_09230590.jpg
女性陣は途中でアイゼンを装着
f0138096_09230719.jpg
幌平山の斜面をトラバース中。このすぐ先でスノーシューを装着。奥に旧反射板ピーク
f0138096_09231416.jpg
展望の良い所から、支笏湖と奥に風不死岳や樽前山、だが霞んでいる
f0138096_09233290.jpg
スノーシューを履いているMさんが太ももまで沈んだ(^^;)
f0138096_09234769.jpg
枯れ木に座るSさん(左)とM夫人
f0138096_09235147.jpg
夏道を外れ、ポコに登る。バックに恵庭岳、右上に幌平山頂上部
f0138096_09235977.jpg
同じ所から
f0138096_09240209.jpg
旧反射板ピークへの急な登り

f0138096_09241286.jpg
旧反射板ピークは目前
f0138096_09241706.jpg
右下近くにイチャンコッペ山頂上部
f0138096_09242991.jpg
イチャンコッペ山の頂上に到着。標識は雪の下のようだ
f0138096_09243358.jpg
前方に恵庭岳や漁岳などを見ながら幌平山に向かう
f0138096_09244023.jpg
幌平山の頂上。奥に紋別岳
f0138096_09244587.jpg
幌平山頂上近くの亀裂



by tarumae-yama | 2017-04-07 09:42 | 登山 | Comments(6)
Commented by えす at 2017-04-07 22:33 x
暖かい陽射しとそよ風の中の山行 気持ち良かったです。いい汗かけました〜!
tarumae-yamaさんは連チャンの山行にもかかわらず、急な申し出にご一緒して頂きありがとうございました!
ボルトポーズ Jさんに皆んなのエールが届くと良いですね!
Commented by tarumae-yama at 2017-04-08 09:51
えすさん
コメントを有り難うございます。
一昨日の山は、本当に吹く風が春を感じさせるようで気持ちが良かったですね。
さすがに恵庭岳の西峰と本峰を登った翌日なので、足が重たかったです。
それでも、久しぶりにご一緒出来て嬉しかったです。
16日も晴れて欲しいですね。

Jさんがお元気でお過ごしだと信じていたいです。
Commented by ボルトポーズJ at 2017-04-09 10:33 x
ご無沙汰しておりました。
ご心配おかけしてゴメンなさい(>_<)ゞ
ボルトポーズ!!ありがとうございまーーーーーすヽ(^0^)ノ

半熟玉子に当たりお腹をこわしたり(笑)と、数々の初体験がありましたが、💮ボルトパワー💮が効いたみたいで野を越え山を越え♪♪♪お陰様で線路は続いています。
しばらく気分的に引きこもっていましたが復活!
まだまだ大丈夫そうです!
ただ、肩から腕が神経痛でリュックが背負えない状態で・・・
tarumae-yamaさんとのお花畑の樽前山を楽しみにしておりましたが、残念ながら無理そうです(>_<)
Commented by tarumae-yama at 2017-04-09 20:06
Jさん
コメントを有り難うございます。
どうされているかと少々心配していました。
ボルトポーズでお元気になられるなら嬉しいです。

樽前山、お花のシーズンにぜひご一緒したいです。
お嬢さんも一緒だと安心でしょうね。
ザックは背負わなくて良いですよ。
必要なものは私のザックに入れてぜひ空身で登って下さい。
心配なら、体力の旺盛なM夫妻にも助っ人を頼みますので。
Commented at 2017-04-18 15:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2017-04-18 21:56
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
色々と書きたいのですが、どうしても当たり障りのないことしかコメント返し出来ないのが残念です。

連絡があることを楽しみにお待ちしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 千歳の「ドレモルタオ」 フクジュソウとミズバショウ >>