鳴尾山、2017.3.29

半月ぶりに一緒するM夫妻と、10日前に登ったばかりの鳴尾山に向かった。
他にWさんやWさんの山友のTさんとOさんが加わって全員で6名。

前回の鳴尾山は晴天と素晴らしい眺望に恵まれたけれど、今回は大気の状態が不安定という事で、昼前から険悪な積雲が増えてきて一時雪も飛んできた。
その上、春霞なのか支笏湖の奥の山並みがスッキリせず今ひとつな眺望だった。

それでも、同行者は全員初めての鳴尾山なので、眼前に広がる光景には感激もひとしおの様子だった。

ただ、気温が高かったため、特に下りでは腐れ雪にスノーシューが沈んで想定外に体力を奪われた。
加えて、このところの陽気に雪解けが進み、10日前より林道上の笹が目立ってきた。
今後降雪がなければ、この週末辺りで鳴尾山はもう終わりかも知れない。

山行記録
ゲート前08:34→鳴尾山頂上10:58~11:27(昼食)→ゲート前12:44

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20325353.jpg
スタート時は晴れていて、気持ちの良い森の中の登り
f0138096_20333857.jpg
だが、前日のトレースに惑わされて別の林道に進入、引き返して手頃な尾根に取り付いたが、これが結構な斜面できつかった
f0138096_20341760.jpg
予定の尾根に軌道修正し、あとは眺望の広がる尾根歩き。奥に霞む風不死岳(左)と樽前山
f0138096_20343287.jpg
頂上直下の急な斜面を登る同行者
f0138096_20352042.jpg
頂上は目前。広くなだらかな頂上部
f0138096_20352672.jpg
頂上に到着
f0138096_20354139.jpg
ピンクテープがあるだけの頂上で記念撮影。バックに白老3山が見える
f0138096_20360487.jpg
女性軍の記念撮影
f0138096_20361450.jpg
支笏湖と恵庭岳をバックに
f0138096_20362674.jpg
寡黙で体力旺盛なMさんと何時もハイテンションな夫人
f0138096_20363120.jpg
昼食を摂って下山開始
f0138096_20364517.jpg
Wさん(左)とOさんを撮影するTさん
f0138096_20365527.jpg
支笏湖を眼下に下山する同行者
f0138096_20370904.jpg
この松林を抜けると道道にでる
f0138096_20371417.jpg
道道に到着
f0138096_20372883.jpg
終点のゲートに到着
f0138096_20373946.jpg
GPSの軌跡。赤いライン中間辺りの膨らんでいる部分は登りで林道を間違え、予定の尾根に戻るまでの軌跡を表している(^^;)

by tarumae-yama | 2017-03-31 07:02 | 登山 | Comments(2)
Commented by allion726 at 2017-03-31 09:35
こんにちは(*^^*)
先日はお仲間に入れて頂き、有難うございました。M婦人の可愛らしさとハイテンション振り、そして、恵庭岳や樽前山の美しさに励まされ、とても楽しい一日でした。どうも有難うございました。
Commented by tarumae-yama at 2017-03-31 17:56
allion726さん
コメントを有り難うございます。
M婦人が加わると場が一気に明るくなりますね。
私には得がたい山友です。
鳴尾山、ギリギリ間に合って良かったです。
展望の素晴らしい山なので、また来年も晴天狙いで挑戦したいですね。
今度は林道を間違えないようにします(^^;)
そして、今回は腐れ雪に体力を奪われましたが、来年は最適な時期に計画します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「水の謌」でランチバイキング 樽前山(932m峰)から風不... >>