シリセツナイ山、2017.3.15

数日前の3月9日にシリセツナイ山に登ったつもりだったのだが、帰宅後GPSの軌跡を見ると勘違いをしてその手前のピークから下山していた。
その時の記事で近日中に再挑戦すると書いた事もあり、早速登ってきた。

前回と同じ紋別岳の保全道路を1200mほど登った所から尾根に取り付いた。
前日か今朝と思われるつぼ足の跡があり、こんなマイナーなピークに登る人が他にもいるのかと思うとチョッピリ嬉しい。

だが、シリセツナイ山は私個人としてはお勧めできるピークではない。
尾根歩きの大部分は樹木に視界を遮られ、展望が良いとは言えないから。
まあ週末でも先ず登山者に会うことはないので、一人静かにもの思いにふけるには悪くないかも。

それに展望がないと言っても、近くの野鳥の森やモラップ山よりはましだろう。
この二つの山の稜線はエゾシカの糞だらけで、ちらちら見える支笏湖ブルーをだいなしにしていて糞害(憤慨)ものだ。

もっとも、エゾシカにしたところで、登山道もないこんな所まで人がやって来るから、落ち着いて糞も出来ないと憤慨しているかも。

ともあれ、スノーシューを履いて登ったシリセツナイ山、雪解けが進んでいるため多分今月一杯がせいぜいだろうか。

このピークから派生している尾根のどれを使っても、湖側に下りる限り国道にぶつかるので道迷いの心配はない。

下っていった先にどのような地形や眺望があるのか、ワクワクしながら好きなように歩けるのが積雪期の山の楽しさ面白さなのだと思う。

山行記録
駐車場11:20→シリセツナイ山頂上12:15~12:34(昼食)→駐車場13:00
f0138096_11045621.jpg
尾根歩きの途中から恵庭岳と右に漁岳が見えてきた
f0138096_11050600.jpg
アップで。この頃、隊長Oさんが漁岳のピークに立っていたらしい
f0138096_11054904.jpg
シリセツナイ山の頂上。ブルーとピンクのテープがあるのみ
f0138096_11055319.jpg
頂上でカップ麺を一人静かに味わう
f0138096_11060122.jpg
稜線上から支笏湖と恵庭岳
f0138096_11060772.jpg
頂上近くから芦別岳や夕張岳(右)がクッキリ
f0138096_11061474.jpg
紋別岳
f0138096_11062704.jpg
真っ白な樽前山と右に風不死岳
f0138096_11063580.jpg
駐車場へ戻るのに理想的なルート取りとは言えなかったけれど、我ながら案外上手く下山出来た。私の赤い車が見える
f0138096_11064003.jpg
GPSの軌跡。駐車場から左に延びる直線は余分。時計回りで歩いた
f0138096_11065008.jpg
3月9日に登った時のGPSの軌跡。地図の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2017-03-16 11:19 | 登山 | Comments(2)
Commented by 熊雄 at 2017-03-16 20:00 x
私も今年、3回登りました。
小学校側に降りてきたら、温泉街の近くに戻れますよ(^-^)v
Commented by tarumae-yama at 2017-03-16 23:02
熊雄さん
コメントを有り難うございます。
シリセツナイ山、気に入っているのでしょうか?
それともエゾシカの調査か何かでしょうか?

小学校の裏から登って郵便局の横に下りたことも、旧北海ホテルの横に下りたこともあります。
その時の気分次第ですが、それが積雪期の面白みですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 徳舜瞥山、2017.3.12-... オコタンペ山、2017.3.14 >>