恵庭岳北尾根、2017.2.28-その2-

頂上岩塔まで行かないと決めたことで、昼食時間はたっぷりとれた。

少しずつ恐怖心が薄らいで来たのか、miyaさんは標識の上の小さな雪山に立つことが出来、Sさんから山名を教えてもらっていた。

もっとも、miyaさんはこの雪山を第2見晴台そのものと勘違いしているようだ。
彼女のヤマップを見ると、「狭---い」と書いてあったから。
その雪山は、標識のある岩とハイマツが雪に覆われているもので、第2見晴台そのものは標識の前にあるのだが、それでも第2見晴台も決して広いとは言えないかも知れない。

風もなく暖かで抜けるような青空だったから、何時までものんびりとしていたい気分だが、OBATAさんは午後からトレーニングがあるとのこと。

そんな事で名残を惜しみつつ第2見晴台を後にした。

山行記録
第2見晴台11:39→駐車場13:00
さすがに下山は速かった!
f0138096_22042394.jpg
f0138096_22043274.jpg
上2枚、第2見晴台で昼食
f0138096_22044423.jpg
miyaさん、どうやら雪山の上に立つことが出来るようになった
f0138096_22045537.jpg
名残惜しいけれど、Sさんを先頭に下山開始
f0138096_22050266.jpg
奥に漁岳や小漁山
f0138096_22051330.jpg
中央付近の山は様茶平か
f0138096_22052389.jpg
中央に藻岩山、奥にうっすらと日本海
f0138096_22054345.jpg
余裕が出て来たか、手を挙げるmiyaさん、後ろにOBATAさん
f0138096_22055386.jpg
同上、同行者全員を入れて
f0138096_22060305.jpg
急な北尾根を下りきって駐車場へ
f0138096_22061527.jpg
駐車場に到着。右から二人目の男性も丁度下山して来たばかりのようだ
f0138096_22062354.jpg
その男性は、何と3年前の3月17日漁岳で会い、2年前の5月5日、伊達紋別岳で再会した石狩市のNさんだった。オコタンペ湖を横断して、フレ岳とその先の丹鳴岳までピストンしてきたそうだ
f0138096_22063457.jpg
無事下山で同行者を撮影。隊長Oさんは顔出しNGなので


by tarumae-yama | 2017-03-06 08:04 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 有珠山、2017.3.5-その1- 有珠山西山でボルトポーズ、20... >>