伊達紋別岳、2017.1.21

伊達紋別岳は1週間前にも登ってすでに報告しているので、この報告は手を抜こうと思う。

今回はその時より積雪が増えていたため、出だしからスノーシューを履いた。
立ち止まってお喋りをしたり、休憩も多めに取ったことなどで前回より時間はかかったと思う。

相変わらず地元の人の多くはいっぷく広場で下山するようだが、今回は頂上を目指す登山者が幾人もいた。
我々はスノーシューのまま頂上を目指したけれど、スライドした登山者はスノーシューやワカンをザックにくくりつけてはいるものの、例外なく登山靴に軽アイゼンというスタイルだった。

2月に入り、雪が締まっているならスパイク長靴やアイゼンだけで軽快に登れるとは思うものの、今回登山道上の雪は柔らかく結構吹きだまっているところもあったから、まだまだスノーシューは手放せないと思う。

山行記録
登山ポスト09:10→いっぷく広場10:23~10:30→前紋別岳11:09→伊達紋別岳頂上11:34~12:10→登山ポスト13:52

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_1044035.jpg

出だしからスノーシューを履いて
f0138096_10441574.jpg

登山ポスト付近
f0138096_10442385.jpg

一望台、羊蹄山の頂上には雲がかかっている
f0138096_10443040.jpg

f0138096_1044389.jpg

いっぷく広場、中央に羊蹄山
f0138096_10444840.jpg

伊達市街、火力発電所の煙が強風に流されている
f0138096_10445635.jpg

f0138096_1045517.jpg

f0138096_10451348.jpg

前紋別岳
f0138096_10452129.jpg

見にくいけれど、頂上(左端)を目指す同行者
f0138096_10452947.jpg

左上に頂上標識が見える
f0138096_10453830.jpg

頂上に到着。先行者が一人いるようだ
f0138096_10454656.jpg

頂上で全員の記念写真。その先行者に撮っていただく
f0138096_10455662.jpg

昼食後、下山開始
f0138096_1046387.jpg

江別からの3人パーティとスライド、挨拶すると何とブログに相互リンクしている「サラリーマン北海道山遊記」のcountrymanさん(前列の男性)ご一行だった
f0138096_10461237.jpg
頂上を目指すcountrymanさんご一行を写す
by tarumae-yama | 2017-01-23 17:08 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< ラルマナイの滝、2017.1.20 同行者のヤマップ >>