2016年の山 ベスト5

結局、2016年に登った山の数は126日間に173座となった。
自宅から30分程度で行ける支笏湖周辺の山が大半を占めるとは言え、この数たるやなかなかなものだと自画自賛。
それも健康であればこそで、この歳まで骨折などのケガもなく入院経験もないのは、今は亡き妻と両親のお陰と感謝している。

さて、173座の中から毎月一つ?を選ぶのは結構骨の折れる作業だった。
だが、選んでしまえばその中からの五つは案外すんなりと決まった。

ただ、その五つの順位付けに意味があるとは思えないので、日付順に挙げようと思う。

3月5日に登った徳舜瞥山は、前年5月に膝の手術をしたぶるままさんの山復帰の第1座目であった。
素晴らしい青空と眺望が彼女の再起を祝福しているようだった。

7月11日の十勝岳から富良野岳の縦走は、毎日変わる週間予報に翻弄されたけれど、当日はやはり快晴に恵まれた。
十勝岳も富良野岳も初めてという同行者が、雄大な山並みを眼前に幾度となく上げる感嘆の声を聞きながら、好天と見頃を迎えた花々に恵まれたことが嬉しかった。

8月11日に登った平山からニセイカウシュッペ山のピストンは、途中アンギラスの往復が想定外にきつかった。
ここの往復は何度か経験しているので状況は熟知しているつもりだったけれど、前回よりハイマツが生長していて、その突破に苦しめられた。

9月22日に登った愛山渓温泉からの愛別岳は、丁度紅葉の最盛期だった。
もっとも、2016年の大雪山周辺の紅葉は例年より冴えない印象を持った。
それでも愛別岳のピストンは、初めての同行者には刺激的で、多分アドレナリンが噴出したことだろう。

10月25日の恵庭岳は、西峰とジャンダルムのピークに立った。
この時観た大気光学現象は、100年に一度の非常に珍しいものであったらしい。
初めてジャンダルムに登ったM夫妻には忘れられない体験だったろう。
もちろん、私にとってもだが。
f0138096_1525578.jpg

3月25日、徳舜瞥山からホロホロ山間で撮影
f0138096_153476.jpg

7月9日、十勝岳から撮影
f0138096_1531267.jpg

8月11日、アンギラス手前から撮影
f0138096_1532180.jpg

9月22日、愛別岳で撮影
f0138096_1533050.jpg

10月25日、ジャンダルムから撮影
by tarumae-yama | 2017-01-06 06:53 | 登山 | Comments(2)
Commented by J at 2017-01-07 01:25 x
おはようございます!

四季折々の山々を一挙見で、堪能させていただきました!
この半年で支笏湖周辺の山名が憶えられたような気がします。
紋別岳・・・北見紋別の山だと思い込み、変な位置関係に悩んでみたりしたことも(笑)
酉年だけにトリアタマで忘れてしまわないように気をつけたいと思います~

Commented by tarumae-yama at 2017-01-07 21:30
Jさん
コメントを有り難うございます。
3ヶ月毎に4回とベスト5の計5回に分けたシリーズで、印象に強い山を紹介しましたが、全然反応がないので少々落ち込んでいました。
なので、コメントがとても嬉しかったです。

北見紋別には行ったことがあります。
高校時代の先輩がこの町に勤務していました。
紋別岳とは別に近くに伊達紋別岳もあります。シラネアオイが多い良い山です。

今日は多峰古峰山(たっぷこっぷやま)に登ってきました。
苔の洞門の先にある山ですが、支笏湖の展望台として中々眺望の良い山です。
ボルトポーズの写真を撮りました。
後ほど紹介しますので楽しみにしていて下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 七条大滝、2017.1.6 2016年の山-10月から12月編- >>