北広山、2017.1.2

元旦は息子夫婦が孫と遊びに来て夕食を一緒した。
2歳になった孫2号もようやくなつきだしたせいか、一段と可愛いと感じる。

2日と3日は特に予定もなく、林真理子の本でも読んでのんびり過ごすつもりだった。
ところが、元旦の夕刻に山友のUさんからメールが入り、「2日の午前中時間が取れたので、都合がつくなら初めての北広山に一緒してもらえないか?」と。

そんな事から4年ぶりの北広山をのんびり歩いてきた。
雲は多く、遠望も効かなかったものの、風がなく穏やかな林の中は心地良かった。

休日なのに誰にも会わないひっそりとした北広山だったけれど、下山してみると三井アウトレットパーク周辺は初売りのせいなのか大混雑だった。

山行記録
林道入り口07:40→頂上08:48~09:30→林道入り口10:20
f0138096_20322681.jpg

ツルアジサイ?のドライフラワーを入れて
f0138096_20323712.jpg

ドッグランのところから林道の入り口まで除雪されていて大助かり。更に前日のものと思われるスノーシューのトレースもあった
f0138096_20325366.jpg

f0138096_203318.jpg

北広山の頂上到着
f0138096_2033859.jpg

ウサギの足跡を追って島松山の方まで足を伸ばす
f0138096_20331655.jpg

f0138096_20332320.jpg

少し傾斜のある新雪斜面でラッセルの訓練?
f0138096_20333723.jpg

下山開始
f0138096_20515298.jpg

Uさんと愛犬のビビ
f0138096_2034753.jpg

GPSの軌跡。スタート地点から右下に伸びる直線は余計m(_ _)m

by tarumae-yama | 2017-01-03 07:08 | 登山 | Comments(6)
Commented by at 2017-01-03 08:02 x
急なお誘いにご一緒してくださりありがとうございました!
2017年、初お山歩きは、前日の天気予報に反して雲多めでしたが、
風も無く、穏やかで楽しいお山歩きな1日でした。
北広山、ワンとのお散歩には手頃なお山でよかったです。
ありがとうございました!

今年もお山歩き&温泉&ソフトクリームの3点セットで、
よろしくお願い致します(^^)
Commented by tarumae-yama at 2017-01-03 18:39
Uさん
コメントを有り難うございます。
2017年の初山が、比較的暖かく穏やかな北広山で正解でしたね。
除雪とトレースのお陰で快適な歩きが出来ました。
ビビも楽しそうでしたね。

思いがけずのお誘いで、気持ちの良い半日を山で過ごす事が出来ました。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
Commented by ぶるまま at 2017-01-03 21:15 x
今年も宜しくお願いいたします!

北広山・・・なんてあるのですね。
知らなかったです。
我が家の近くのようですが。

年末年始の体調不良ですっかり体力も衰えてしまった
感じです。
昨日位から回復の兆しが・・・。
お正月料理もお酒も口にしていないせいか
年末年始ダイエットになりました(笑)

明日からのお仕事は何とかなりそうです。

今年もいろんな山歩き楽しみにしていますね。
ソフトクリームはお付き合い出来ませんが(笑)
Commented by なお at 2017-01-03 21:23 x
今年もよろしくお願いいたします。

私は意外に忙しくバタバタした年末年始で、今日は仕事でした。

雪が溶けて山になれたら、またご一緒できたらと思っています。
Commented by tarumae-yama at 2017-01-04 10:27
ぶるままさん
コメントを有り難うございます。
こちらこそ今年もよろしくお願い致します。
風邪はようやく快復しつつあるのですね。
それでは7日からの3連休、都合がつくならメールを下さい。
支笏湖周辺の低山を計画しています。
ぶるままさんはまだ登っていない山だと思います。

北広山、ぶるままさん宅から一番近い山かも知れません。
標高500m足らずの山ですが、夏も冬も結構登られていると思います。
今頃はスノーシューで気持ち良く歩けます。
トレースがあればドッグランのところから1時間半程度で登頂出来ます。
(今回はたまたま林道入り口まで除雪してあったため1時間少々でした。)
Commented by tarumae-yama at 2017-01-04 10:32
なおさん
コメントを有り難うございます。
こちらこそ宜しくお願いします。
早速仕事に復帰したのですね。良かったです。
一緒するヤマップやヤマレコの友人が多いと思いますが、我々とも何度か山を共にすることがあれば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2016年の山-7月から9月編- スノーシューの修理 >>