山納めの紋別岳、12月30日

朝起きたら青空が広がっていたので、換気扇の掃除は大晦日に延ばし、朝食後紋別岳に向かった。

駐車場に到着すると、4名が出発直前だった。
一寸異色な組み合わせに、その中の日本人女性に聞くと、江別から来たアメリカ人と奥さんはタイ人だと。
それで、この外人夫婦には以前伊達紋別岳の頂上で会っていると思い出した。

登山口の雪は多く、出だしからスノーシューを履いて登った。
つぼ足の登山者が2,3名いたが、時々埋まっている様子だから、今回はスノーシューが必要だったろうと思う。

途中から雲がどんどん増して来て雪が降り出した。
対岸の風不死岳や樽前山、恵庭岳は全く見えず。支笏湖すら雪雲に姿を消してしまった。
2016年の山納めだから、晴天の下で有終の美と行きたかったけれど、天気ばかりは仕方がない。

それにしても、私の2016年は、2月に妻が逝ってから失意のどん底に落とされたような日々を送った。
それでも、家に引きこもらなかったのは山友のお陰だと深く感謝している。

12年前、「パドルクラブ」で妻のためにTUBBSのスノーシューとブーツを買った。
そして、妻を最初に連れて行ったのは、2005年1月15日に登ったこの紋別岳だった。
笑顔ではあったけれど、妻の「いきなりこんな大変な山に連れてきて!」と怒っていた表情をまざまざと思い出す(登りは保全道路を、下りは急な直登コースを使った)。
黙々と登りながら、なぜか涙が滲んできた。

2016年はブログの記事を411回アップした。
拙い記事ではあるけれど、毎日の様にアップしているからだろうか、時には400名を超える方が見てくれている。
今、山(友)が生き甲斐であり、大多数は顔も知らない読者がブログの励みになっている。
そのような皆様に感謝しつつ、
2017年もどうぞ宜しくお願い致します。



f0138096_22423246.jpg

紋別岳頂上の樹氷。青空が欲しい
f0138096_22424281.jpg

頂上から、支笏湖の温泉街が左手に見える
f0138096_22425149.jpg

中腹まで下りてくると青空が覗いた。中央に頂上部
by tarumae-yama | 2016-12-31 07:41 | 登山 | Comments(10)
Commented by U at 2016-12-31 08:45 x
今年の3月に紋別岳でお声を掛けて頂き、
それからたくさんのお山をご一緒させて頂きました。
十勝連邦や大雪山ほか、素晴らしい山々と景色に感動の
2016年でした。
来年も、健康第一、楽しく、お山歩きをご一緒させて
頂けたら嬉しく思います。

今年1年、ありがとうございました。
Commented at 2016-12-31 09:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by さなえ at 2016-12-31 12:19 x
今年の9月に上富良野岳で初めてお会いして、気さくに話しかけてくれた事が思い出されます♪
風不死岳の時には、足が攣りそうな私に漢方薬をくれ気遣ってくれて、何事もなく下山出来た事も感謝しています(^ー^)ノ
tarumae-yamaさんの人柄の良さが山友を引き寄せ、ブログの読者も増やしているのかなと思いますよ〜♪
毎日のパソコン作業、毎日のように登っている登山に体も心配ですが、無理だけはなさらずに来年もお互いに楽しく健康第一をモットーに一緒に登れたら良いですね♪
今年1年お疲れ様でしたo(^▽^)o
来年もよろしくお願い致します♪
Commented by RubyxJDA0509xyasu at 2016-12-31 18:42
今年は本当にお世話になりました。
tarumae-yamaさんのお陰で冬山に挑戦する事が出来ましたし(tarumae-yamaさんと出会わなければ今も冬山には登れなかったと思います)色んな経験を積ませて頂き感謝しています。
山も勿論ですが、山以外でもお世話になりました。
お喋りするのも楽しくこの歳になって素敵な山友さん(とお呼びするには恐縮ですが)と出会えて良かったとしみじみ思います。
そしてこんなうるさい女といつもお付き合いして頂き有難う御座います(笑)
勿論来年もご一緒する気満々ですのでよろしくお願い致します!
Commented by tarumae-yama at 2016-12-31 20:11
Uさん
コメントを有り難うございます。
3月の紋別岳のことは良く覚えています。
その後、恵庭岳の冬期初登頂、十勝岳~富良野岳、赤岳~白雲岳、緑岳、羊蹄山、愛山渓温泉から愛別岳等々随分ご一緒させてもらいました。
何時も笑顔で楽しそうでしたし、晴れ女の面目躍如で私としても同行出来たことが嬉しかったです。

来年も仲間と一緒に賑やかな山行が出来るのなら、私としては願ってもないことです。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-31 20:32
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
今年はオコタンペ山以外に十勝連峰でも驚きの出会いがありましたね。
その後、腰の調子はいかがでしょうか?

妻の事では、かえってお気を使わせたようで申し訳ないです。
私の人柄については、買い被りすぎです。
心が狭く、一見親切そうに見えてもそれは表面上のことで、何時も自己嫌悪に陥っています。
身内を褒めるのはどうかと思いますが、その点、妻は誰に対しても優しくて思いやりがあったと感じています。
相手の立場になって行動出来る女性で、代償を求めることもサラサラなくて、公平無私な点でも尊敬していました。
私が妻より勝っているところがあったとすれば、それは食欲と体力のみです。

何時もブログを見ていただいている様で、有り難うございます。
またどこかの山でお会い出来れば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-31 20:50
さなえさん
コメントを有り難うございます。
N君のFacebookを通してさなえさんの事を知っていましたから、上富良野岳で初めてお会いしても初対面という印象はなかったです。
その後、楓沢をN君の山友と大勢でご一緒しましたが、殆どお話も出来ず残念でした。
来月、そのN君達とご一緒出来そうで、今から楽しみにしています。
さなえさんも私の人柄について触れていますが、実体はまるで違います。
私には気がつかない良い点がもしあるとするなら、それは嬉しい事ですが、多分そんな事はないと思っています。

ともあれ、これからも楽しい山登りをしたいですね。
さなえさんにとって新年が素晴らしい年であることを願っています。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-31 21:04
ルナさん
コメントを有り難うございます。
こちらこそ失意の中にあって、ルナさんのテンションの高さと明るさは私にとってどれほど元気づけられたかと感謝感謝の気持ちで一杯です。
だからこそ、山友の中では一番多い38回もの同行になったのだと思います。
それに、年こそ親子ほど違いますが、妻とは体形が似ていて、(妻の遺した)登山ウエアを着たルナさんと一緒に登るのは本当に嬉しい事です。

来年もご一緒する機会があれば本当にこちらこそ有り難いことです。
どうぞ、寒さに負けずお過ごし下さい。
Commented by なお at 2016-12-31 22:59 x
今年は本当にたくさんの山に登られましたね。
来年もお体に気をつけて登山、楽しんでくださいね。
樹氷、いいですね。
来シーズンは自分の目で見たいものです。



Commented by tarumae-yama at 2017-01-01 12:46
なおさん
コメントを有り難うございます。
確かに随分と出かけましたが、殆どが自宅から近い支笏湖周辺の山です。
夏の樽前山や紋別岳なら昼からでも登れますしね。

体調が快復したならぜひ皆でまた山を一緒しましょう。
樹氷は十分間に合うと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紋別岳でご来光登山、2017.1.1 2016年の山-4月から6月編- >>