餅つき、12月28日

青空が広がっていたので山納めに紋別岳にでも登ろうかと思っていたところ、友人の奥さんから餅つきをするからと、手伝い要請?の電話が掛かってきた。

6年前には賑やかな餅つきだったのだが、その後臼が傷んだとのことで、餅つき器に変わって淋しくなった。
それでも、妻と二人あんこ餅作りなどを請われ毎年のように友人宅に行った。
まあ手伝いは名目で、妻は友人の奥さんとお喋りをするのが何よりの楽しみだったようだ。
そして私は、そんなお喋りをしている笑顔の妻を見るのが好きだった・・・・。


今年は、福島県から取り寄せたという立派な臼が用意されていた。
そして、つきたての餅で作った雑煮を昼食に美味しく戴いてきた。

お裾分けにもらって来た餅だが、この正月は一人で食べるのが侘しく味気ない。
f0138096_2281748.jpg

餅つきの私と友人。友人宅の庭で友人の長男が撮影
f0138096_2282960.jpg

ヨモギのあんこ餅作り
by tarumae-yama | 2016-12-28 22:12 | 日々の出来事 | Comments(4)
Commented by J at 2016-12-29 00:49 x
杵をつく姿も格好いいです!さすがです。
大きな伸し板であんこ餅丸め懐かしいです(^O^)
ピチピチのもち肌だった頃、年末お手伝いの定番でした(笑)
春先にもいだヨモギを入れた杵つき餅を石炭ストーブで炙って食す...今となっては極上の贅沢のような気がします。

お餅が好きすぎて年中常備・非常食ですよ~(≧▽≦)
腹持ちも良くって山行の前食にも良さそうですね( ´艸`)
Commented by tarumae-yama at 2016-12-29 17:22
Jさん
コメントを有り難うございます。
かっこいいですか?嬉しいです。
私にもち肌の時代があったのか記憶にありませんが、ニキビずらで昔、大家族だったので、20臼もついたことがありました。
父も兄も総動員でした。
そして来る日も来る日も餅の毎日でいい加減うんざりでした。
どこもまだまだ豊かでない時代のことです。
でも確かにそんな時代が懐かしいですね。

餅が大好きなのですね。
今度お会いする機会があれば、冷凍してあるヨモギあん餅をお裾分けします。

山に餅も良いですね。
腹餅が良い(^^;)

今日は大掃除でした。
1年間の誇り、もとい、埃の量たるや凄いですね。
レンジフードのフィルターの掃除まで手を着けましたが、途中でお手上げです。
フィルターそのものを更新しようとAmazonを覗いて見たら、なんと送料込みで6900円也。諦めました。
ネットで簡単な掃除方法を検索して明日もう一度挑戦です。
Commented by N君 at 2016-12-30 04:22 x
お疲れさまでした。
自分も実家にいたころは、冬休みに入る頃に餅を作っていました。親戚のおばちゃんも手伝いにくるので一緒にやってくる従兄弟と遊べるのが何よりの楽しみでした。
今は母親が作っていて、作った餅を送ってくれます。まだまだ母親は元気でおりますが、体調を崩したりこの世界からいなくなってしまったら母親の作った餅が食べられなくなるなぁ…などと、ここ数年は考えつつ噛み締めて餅を食べてます。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-31 07:47
N君
コメントを有り難うございます。
餅つきには、それぞれ楽しい思い出がありますね。
ご実家から送られて来るとは羨ましい。
さぞ美味しい餅でしょうね。
何時までも続いて欲しいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、12月25日-同行者か... 2016年の山-1月から3月編- >>