幌平山、12月19日

いくら朝から抜けるような青空といっても、ブログをアップし朝食と片付けを済ませると、もう登れる山は限られてくる。
恵庭岳や樽前山は時間的に厳しいし、風不死岳は前日に、紋別岳は3日前に登ったばかり。
そんな消去法で残るのはイチャンコッペ山だが、その手前に幌平山がある。

風不死岳の頂上から前日眺めたとき、急に積雪が増えたのか幌平山の稜線が真っ白に見えた。
2週間前イチャンコッペ山に登るために幌平山の斜面を横切った時、(登山道がないから)まだまだとても幌平山に登れる状況ではなかった。

実際登ってみて、分岐から雪が少なければスパイク長靴で笹漕ぎを、雪があれば持参のスノーシューを履いてラッセル覚悟だった。

事前に情報を得ていれば、重くかさばるスノーシューを持たずもっと楽に登頂出来ただろうに、帰宅後ヤマップを見ると、何と10月に楓沢を一緒したN君の山友や、支笏湖周辺の山や白老岳で何度か会っている顔見知りの人達8名が前日に登っていた。

どおりで、しっかりした踏み跡とボブスレーの跡が残っていた訳だ。

山行記録
登山ポスト10:26→頂上11:16~11:26→登山ポスト11:50
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_12312015.jpg

登山前、湖畔から撮影。右端に幌平山
f0138096_12312972.jpg

紋別岳
f0138096_12313760.jpg

旧反射板ピーク
f0138096_12314664.jpg

支笏湖と奥に風不死岳、樽前山(左)
f0138096_12315452.jpg

分岐から先、幌平山へはしっかりしたトレースがついていた
f0138096_123226.jpg

幌平山の尾根から
f0138096_12321077.jpg

同上、旧反射板ピークと左奥に小さくイチャンコッペ山の頂上部が見える
f0138096_12321883.jpg

頂上から恵庭岳
f0138096_12322618.jpg

奥に紋別岳
f0138096_12323469.jpg

持参のチョコレートを入れて
f0138096_12324170.jpg

同上
追加
f0138096_12325650.jpg

下に凍結したオコタンペ湖、奥に羊蹄山
f0138096_1233589.jpg

羊蹄山のアップ、右にニセコアンヌプリ
f0138096_12331376.jpg

左端にイチャンコッペ山。
同じ日恵庭岳に登っていたSさんから送られて来た写真。
今回で今年60回目の恵庭岳とのこと。第1見晴台から第2見晴台までは70cmの積雪で過酷なラッセルになったらしい
by tarumae-yama | 2016-12-21 06:36 | 登山 | Comments(2)
Commented by N君 at 2016-12-24 14:20 x
素晴らしすぎる青空!
この冬はこんな天気の日に歩く事ができるかな?
Commented by tarumae-yama at 2016-12-24 19:45
N君
コメントを有り難うございます。
この日は雲一つないまさに日本晴れでした。
年に何回もないような素晴らしい天気と眺望を妻と二人で堪能しました。
願いが叶うなら写真ではなくて生身の妻と一緒に。

1月は一緒にイチャンコッペ山に登れるのかな?
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳、12月21日 風不死岳北尾根、12月18日 >>