幌平山、12月19日-速報版-

前日風不死岳に登ったばかりだから、今日は山の予定はなく床屋に行くつもりだった。
だが、支笏湖のライブカメラを見たのがまずかった(^^;)

雲一つない青空に恵庭岳が実にクッキリと映っていた。
それで、床屋は翌日に延ばし、(写真の)妻と二人、この冬初めての幌平山に登る事にした。

入山者名簿を見ると昨日の日曜日は7名がイチャンコッペ山に登ったことになっていたが、未記入者も多いからその倍くらいの登山者で賑わったのだろう。

今日は誰一人としてスライドすることなく、幌平山の頂上から素晴らしい眺望を妻と二人で独占。

イチャンコッペ山と幌平山の分岐からは、ラッセルか笹漕ぎで幌平山までスノーシューでも1時間はかかるだろうと覚悟をしていたけれど、週末の踏み跡がしっかりとあったお陰でたったの20分で頂上に立つことが出来た。

スノーシューを履くことなくスパイク長靴だけで登れたのは意外だったけれど、妻と感謝感謝の幌平山だった。
f0138096_13584092.jpg

支笏湖の奥に昨日登った風不死岳
f0138096_13584869.jpg

一級国道並みのトレースが頂上まで続いていた。正面に恵庭岳の頂上岩塔が見える
f0138096_13585647.jpg

幌平山の頂上。妻も素晴らしい眺望を喜んでくれただろう
f0138096_1359495.jpg

左上に小さく頂上標識。正面に3日前に登った紋別岳
by tarumae-yama | 2016-12-19 14:12 | 登山 | Comments(2)
Commented by J at 2016-12-20 10:10 x
tarumae-yamaさん、こんにちは!
こんなにも晴れわたる支笏湖周辺の景色は久しぶりにみたような気がします~(*^_^*)
山々が是非にと呼んで下さったのですね~。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-20 13:10
Jさん
コメントを有り難うございます。
最近立て続けに、朝快晴でも登っているうちに雲が増えて雪まで降る始末でガッカリしたものですが、今回は下山まで全く雲がありませんでした。
まさに日本晴れだったです。

頂上には僅か10分間の滞在でしたが、それでも登山中大満足でした。
来て良かったと思いました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、12月18日 紋別岳、12月16日-その2- >>