紋別岳、12月16日-その1-

起床すると青空が広がっていた。
支笏湖のライブカメラを見ると、快晴の下恵庭岳がクッキリ。
それで急遽紋別岳に登ることにした。

スパイク長靴で登ったのだが、登山口から12本爪のアイゼンの爪跡も鮮明な先行者の踏み跡があった。
登山口に車がなかったのは、多分12月から温泉街の公共駐車場が無料開放されたため、そこに停めたのだろう。

頂上まで4849mの距離があり、200m毎に標識があるのだが、1400mを超える辺りから吹き溜まりが出て来て積雪量も多くなってきた。
先行者の踏み跡を忠実にたどったので楽をさせてもらったものの、今日はスノーシューを持参するべき状況だと思った。

4000mの標識を超えたところで前方に先行者の姿が見えた。
そこから歩みを早めて追いつき、トレースのお礼と今度は私が先を行くと言って前に出た。
苫小牧の山岳会に入っていたと言うだけに、山男の雰囲気が伝わるベテランさんだったけれど、ここまで登山口から2時間かかったと言う。

私より三つ若く体力も旺盛に見えたけれど、納得の時間と思う。
もし、私が今日の1番手ならラッセルに心が折れて途中から撤退しただろう。

ベテランのOさんの前に出たものの、吹き溜まりのところでは膝上のラッセルとなり、たちまち息が上がる。
頂上までわずか7,800m 程の距離だったけれど、中々しんどかった。

ラッセルの先頭になる前から雪が降ってきて、恵庭岳はすっかり雲の中に入って どこにあるかも分からない状況になったけれど、頂上でOさんとあれこれ話しをしているうちに雪雲が去って恵庭岳が全容を現した。

我々の直後に3名パーティが到着したが、見覚えのある人達だった。
下山時にも知人に会ったのだが、それらのことは「その2」で紹介しようと思う。

山行記録
登山ポスト10:45→頂上12:41~13:16(昼食)→登山ポスト14:19
f0138096_16445327.jpg

登山前に湖畔から、支笏湖の奥に樽前山(左)と風不死岳
f0138096_1645376.jpg

1400mを超えるとところどころで吹き溜まりが現れる
f0138096_1645126.jpg

まくり雪の赤ちゃん?
f0138096_16453217.jpg

自分の足を入れて、長靴がスッポリ埋まるくらいの深さ
f0138096_16454031.jpg

保全道路の途中から支笏湖と奥に風不死岳
f0138096_16454822.jpg

先行者の足跡
f0138096_16455768.jpg

先行者に追いつき、先を行かせてもらってから撮影、苫小牧のOさんと名のった
f0138096_1646726.jpg

頂上まで続くウサギの足跡
f0138096_16462135.jpg

樹氷を入れて頂上のアンテナ塔
f0138096_16463066.jpg

Oさんを入れて奥に恵庭岳
f0138096_16463873.jpg

下山して行くOさんと下に登ってきた3名パーティが見える
f0138096_16464626.jpg

Oさんを少しアップでもう1枚
f0138096_16465473.jpg

輝く支笏湖
f0138096_1647216.jpg

3名パーティのうち後ろの2名をアップで
f0138096_16471044.jpg

頂上で食べた洋酒入りのチョコレート。後ろに3名パーティ
by tarumae-yama | 2016-12-16 17:10 | 登山 | Comments(2)
Commented by RubyxJDA0509xyasu at 2016-12-17 03:20
紋別岳登山お疲れ様でしたー!
そちらの方は天気の回復が早かったんですね(*‘∀‘)
紋別岳でそんなに積もってるなんて…今年は本当に雪が多いですね( ;∀;)
そしてバッカス!!
このチョコレート私の大好物なんですー!
冬季限定なのでいつも買い溜めしちゃいます(笑)
お酒はあまり飲めませんがお酒を使ったお菓子は大好物なんですー(*´ω`*)
Commented by tarumae-yama at 2016-12-17 12:23
ルナさん
コメントを有り難うございます。
朝は素晴らしい天気でしたが、途中から雲が増えてきて一寸残念でした。
思いがけず積雪が多くてダイエットにはなりましたけれど。

バッカスが好きなのですね。
私も一時随分食べた事があります。
明日の風不死岳に忘れなければ甘酒と一緒に持って行きますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、12月14日 有珠山、12月11日-同行者... >>