有珠山、12月11日-その2-

今回は写真の枚数が多いので、本文での説明は省こうと思う。
前回述べたように短期間に4度目の有珠山だから、読者の参考になるような特記事項は思いつかないこともある。
写真から有珠山の外輪山歩きの楽しさをイメージして頂けるなら嬉しい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17423382.jpg

オガリ山山頂近く、稜線の雪庇から雪煙が舞う
f0138096_17424527.jpg

稜線から、中央付近に銀沼。奥に輝く太平洋
f0138096_17425645.jpg

撮影中のくーたさん。左端に西山、中央奥にウィンザーホテル、右上に有珠新山
f0138096_1743886.jpg

左上にオガリ山山頂
f0138096_17432068.jpg

先頭のMさんは有珠新山の頂上に到着目前
f0138096_17433534.jpg

有珠新山頂上から、左端に大有珠。オガリ山の左奥に室蘭岳も見える
f0138096_17434516.jpg

有珠新山の急斜面を下るM夫妻。奥に小有珠
f0138096_17435861.jpg

同上、先頭はtacasicaさん、最後尾はTOMさん
f0138096_17441215.jpg

強風に雪煙が舞い、視界が霞む
f0138096_1744273.jpg

スパイク長靴で急斜面を下るTOMさん
f0138096_17444168.jpg

有珠新山をバックに小有珠を登るtacasicaさん、後ろにM夫人
f0138096_17445185.jpg

有珠新山の斜面をトラバース中の同行者、左端に北屏風山
f0138096_174514.jpg

有珠新山の急斜面を後ろにM夫人
f0138096_18202681.jpg

同上、Mさん
f0138096_18214518.jpg

強風の中、小有珠の頂上を目指す同行者
f0138096_17453453.jpg

小有珠から写真撮影中のtacasicaさん
f0138096_17454320.jpg

同上、くーたさん
f0138096_17455340.jpg

岩の上に立つのが大好きなM夫人
f0138096_1746369.jpg

小有珠の頂上でボルトポーズ。TOMさんだけシンクロしていない(^^;)
f0138096_1746131.jpg

くーたさんも岩の上に立つのが大好きだそう
f0138096_17462386.jpg

風紋を前景にくーたさん
f0138096_17463575.jpg

小有珠を下りきり林道に到着の同行者。M夫人は寒さが堪えたよう
f0138096_17464762.jpg

中央奥に北屏風山
by tarumae-yama | 2016-12-15 07:46 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by RubyxJDA0509xyasu at 2016-12-15 08:13
おはよう御座います!
有珠山ツアーお疲れ様でしたー!
今回は強風でかなり寒さが身に染みましたが、天気も回復したし、眺望も良くて満足な山行になりました(*^^*)
全てのピークでボルトポーズを決めれたのが良かったです。
あと岩の上に登るのはもやは義務化しております(笑)
あと四回有珠山に登った中で今回の海老のしっぽ…もとい樹氷が一番綺麗でした😆寒いのは辛いですが、晴れた日か冬山の景色は別格だと思います。
みんなとも楽しくお喋り出来て楽しい一日でした!
また機会があれば登りたいです♪
Commented by J at 2016-12-15 17:08 x
こんばんは!
すごい急斜面ですね。
皆さん、さすがの健脚揃い!
想像しただけでふくら脛のししゃもが笑ってきそうです(笑)
Commented by tarumae-yama at 2016-12-15 17:53
ルナさん
コメントを有り難うございます。
有珠山の稜線歩きは強風が堪えましたね。
スポーツドリンクがその強風で冷やされて飲み口が凍ってしまいましたね。
これからはくーたさんのようなケースに入れなくてはなりませんね。
それでも、割と晴天に恵まれ眺望もそこそこあり、無事六つのピークを踏めたこともあって大満足でした。
初めての同行者も期待以上だったようで良かったです。

それに今回は失念することなく全てのピークでボルトポーズを写真に収めることが出来ました。
喜んでくれる人がいることでやりがいがありました。

多分年内はもう無理でしょうが、来年また何度か訪れたい山になりました。
また一緒しましょうね。
Commented by tarumae-yama at 2016-12-15 17:59
Jさん
コメントを有り難うございます。
有珠新山から小有珠へは最短距離の尾根が使えると良いのですが、あまりにも急すぎて、今回の尾根が限界でした。
その急な斜面を写真で表現するのは難しいですが、TOMさんの1枚はそれなりに急だと分かってもらえたかと思います。

Jさん、ししゃもの意味が私には不明です。
今度解説して下さいね。
星の王子様はルナさんから聞いて理解できました。
有名な本のタイトルとは無関係なのですね。
Commented by J at 2016-12-15 19:53 x
解りづらくって、ごめんなさい(汗)
子持ちししゃものフォルムがスポーツマンふくら脛の発達した筋肉とキュッと締まった足首に似ているので…。
そして、私の筋肉退化したふくら脛はただのししゃも〜(笑)
ふくよかで日光浴させてないので、一般的な白いズドン大根足が正解かも〜です(^^ゞ
体年齢はtarumae-yamaさんに負けているような気がします〜
あ、でも、お身体に気を付けて、あいすまんじゅう25本?と山を堪能されて下さいね〜
これからも写真を楽しみにしていまーす!!
Commented by tarumae-yama at 2016-12-16 09:35
Jさん
お早うございます。
多分、そうかなぁ~とは思っていたのですが。
今年、ししゃもを食べていないかも。

鵡川でもう30年以上前に職場の後輩に連れられて釣りをしたことがあります。
あの時のししゃもの味が忘れられません。

あいすまんじゅう25本、何日でなくなるでしょう。
名前
URL
削除用パスワード
<< 有珠山、12月11日-同行者... 風不死岳北尾根、12月14日-... >>