恵庭岳、12月8日

12月3日にOBATAさんがソロで恵庭岳に登った時、第1見晴台から先は太ももが埋まるほどのラッセルだったと言う。
今日は体力の勝る同行者ばかりだから、むしろそんなラッセルを(少しの区間なら)経験したいものだと密かに思っていた。

ところが、入山届を見ると前日に恵庭岳に入った単独男性がいたようだ。
なるほど、しっかりとしたトレースが第1見晴台まで付いていた。
その先も強風で消えることなく踏み跡が残っていたため、我々は第2見晴台までそれを使わせてもらったけれど、個人的には新雪の上を一寸だけでもラッセルしてみたかった。

今回、出だしから積雪状態のため、SさんとH原さんは駐車場でアイゼンを装着し、他の3名は3.5合目辺りからアイゼンを履いた。

まだ、積雪状態が中途半端だから、アイゼンの爪が岩を噛むことが何度かあったけれど、それでもアイゼンを着けて登ると、いよいよ冬山シーズンに入ったという感慨を持つ。
H原さんとizumisawaさんのザックにくくりつけているピッケルを見て、ますますそんな気持ちになった。

山行記録
登山ポスト08:40→第1見晴台10:58~11:03→第2見晴台11:43~12:14(昼食)→第1見晴台12:32→登山ポスト13:57
f0138096_15194735.jpg

ロープがあっても、相変わらずここから右端に伸びる沢地形に迷い込む登山者がいるようだ
f0138096_15195613.jpg

5合目を越えた辺りか、倒木をくぐる同行者
f0138096_1520691.jpg

f0138096_15201485.jpg

上の2枚、登り専用コース
f0138096_15202443.jpg

第1見晴台直下
f0138096_15203242.jpg

第1見晴台到着
f0138096_15203928.jpg

同上
f0138096_15204883.jpg

8合目付近、奥に頂上岩塔が見える
f0138096_15205680.jpg

f0138096_1521364.jpg

上の2枚、第2見晴台の手前
f0138096_15211167.jpg

第2見晴台に到着
f0138096_15212086.jpg

ここで昼食
f0138096_15212945.jpg

下山開始
f0138096_1521378.jpg

f0138096_15214474.jpg

ナナカマドの実?
f0138096_15215236.jpg

ロープ場の下り
f0138096_1522030.jpg

無事、下山
by tarumae-yama | 2016-12-11 00:24 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 有珠山でボルトポーズ、12月1... 恵庭岳、12月8日-同行者から... >>