尻皮のその後

結局、尻皮の製作は北広島市にあるmountain craftにお願いすることにした。
電話で問い合わせたところ、今は多忙だが1,2週間後には取りかかれると。

新しいGPSのホルダーを作ってもらったり、ワカンのベルトの修理交換などでお世話になる度ブログで紹介しているから、愛読者ならこの会社のことは記憶にあると思う。

仕事場の玄関先での雑談中、今年、数日臨時休業をして増毛山道の笹刈りをしてきたそうだ。
多忙の中、岩登りも続けているとのこと。

話は本題からそれたが、持参した鹿皮で男性用と女性用にサイズの違うものをお願いした。
3枚作れるのか4枚になるのかは、お任せをしたHさんの判断次第。
ベルトの太さや留め具なども全てお任せをした。

概算で製作料を聞いたところ、毎回感じるのだが、良心的と思えた。
年末までには製作完了との連絡が届くらしい。
その頃、もう一度ブログで紹介出来ればと思う。
f0138096_18195529.jpg

玄関先に持参した鹿皮を置いてしばし雑談。おびただしい数のカラビナやハーネスが吊してあったので写真を撮らせてもらった
by tarumae-yama | 2016-12-13 07:21 | 日々の出来事 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 有珠山、12月11日-その1- 有珠山でボルトポーズ、12月1... >>