風不死岳北尾根、11月25日

明日悪天でなければ4名で風不死岳を北尾根から登る予定になっている。
ただ、スノーシューが必要とするような積雪になっているのか、アイゼンはどうか、それも軽アイゼンで良いのかなど最近の情報がなかったので、今日確認のために登ってきた。

スパイク長靴で登り、それで登れそうになければそこから引き返すつもりだったのだが、ピークハンターの性分がわざわいして頂上まで登ってしまった。

長靴のピンは抜けたり曲がったりすり減っていたりでまともなのは半分程度だったから、登りはともかく、下りではかなり危ない思いをした。
(もちろん、事故を起こさぬよう枝やロープに掴まったり、時には尻滑りで下りたりあらゆる手を使った)

携行したピッケルはガチガチに凍結した登山道では殆ど刺さらず、スリップしても何の役にも立たなかっただろう。

登山道の積雪は殆どないに等しい。
だが、7合目から上は凍結しているところに2,3cmの新雪が載っていて滑りやすい。
本格的なアイゼンがあれば大丈夫だが、軽アイゼンでは特に下りでは心許ないだろう。

夏に北尾根から登った時は、笹が登山道に被さっていて歩きにくかったから、今回は笹に載った雪の為に身体が濡れることを心配していたけれど、9合目まで広く笹刈りされていて快適だった。
関係者に心から感謝したい。

誰にも会わない風不死岳だったが、4合目でソロの男性が登ってきた。
靴を見るとソレルの防寒靴だったので、アイゼンを持っているのか聞いたところノーと。

名古屋から観光に来て、今夜のフェリーで帰る前に登りに来たそうだが、その靴だけではとても頂上には登れない、登れるとするなら紋別岳と言うと素直にアドバイスに従ってくれた。

紋別岳からきれいな支笏湖ブルーが見られたなら嬉しい。

山行記録
登山ポスト09:59→頂上11:44~12:04→登山ポスト13:05
f0138096_16222492.jpg

林道歩きで汗ばみ、尾根の取り付きでフリースを脱いでザックにくくりつけた
f0138096_16253162.jpg

7合目を越え、ここから急登になるのでピッケルをザックから取り出す
f0138096_16254473.jpg

晴れていれば樹氷がきれいなのだが今ひとつ
f0138096_16255269.jpg

頂上直下からの樽前山。右側にキラキラ輝いている太平洋
f0138096_1626185.jpg

頂上
f0138096_16261071.jpg

雪が舞っていて対岸の恵庭岳は見えない
f0138096_16262064.jpg

尾根の樹氷
f0138096_16263620.jpg

頂上から樽前山。結構積雪がある雰囲気。来月登って見ようと思う
f0138096_16264736.jpg

昼食。山専ボトルに入れた熱湯でインスタントコーヒー。インスタントでも頂上で飲むコーヒーはとても美味しい
f0138096_16265556.jpg

樹氷を下から撮影
f0138096_1627424.jpg

下山中に恵庭岳が見えてきた
f0138096_16271227.jpg

6合目付近から登山道の積雪状態。広く笹刈りされていて快適
f0138096_16272182.jpg

4合目付近でスライドした名古屋からのYさん。ここから下山して紋別岳に向かった。同意を得て
f0138096_16272889.jpg

無事下山
f0138096_19402272.jpg

スパイク長靴の靴裏。ピンは随分すり減っている上抜けてしまったのが10本位ありそう。踵の部分のピンは長さは十分だが後ろへ曲がっていて役に立たず。下りの時に岩など固いものに乗ってこうなるのだろう
by tarumae-yama | 2016-11-25 16:55 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by J at 2016-11-25 21:26 x
tarumae-yamaさん、こんばんは!
尾根の樹氷がとてもキレイですね(゚∀゚)
まるで水晶クラスターのようでホンットきれいです!

普段はブラックコーヒーでも、寒い日はちょっと甘目でブライト入りが最高ですね。
そしてパンはやっぱりロバ〜市販では一番好きです(笑)
生地のしっとり感と柔らかさはバツグン(^^♪
頂上では極上のお味になるのでしょうね〜

スパイク長靴にもスパイクタイヤのようにカップピンでオーバーホールできると助かりますね。

靴用カイロは、ホント風船か?!くらいにパンパンになるので止めた方がいいかも知れません💦
今度、残ってる靴用カイロに小穴開けて使えるか実験してみます。

Commented by infiniti_q45_213 at 2016-11-25 21:33
お疲れ様です。

11/21の3:00頃から登りましたが...

つま先とかかとに歯が無い軽アイゼンでは
かなり難儀しました〜💦

キンキンに冷えきった深夜の氷は
固すぎてピッケルや12本爪も
なかなか歯が立たなかったと思います。

下山は樽前側でしたので、
北斜面と違い凍れている箇所は少なくて
だいぶマシでしたが、とにかく寒い1日で
土も火山灰もざれる小石も全てが
硬く締まっていて靴は全く汚れませんでした 笑

明日登られる際もお気をつけ下さい!
Commented by tarumae-yama at 2016-11-25 22:45
Jさん
何時もコメントを有り難うございます。
青空が広がっていたなら樹氷はもっと輝いてきれいだったと思います。
明日も登るので明日に期待して下さいね。

何時もはブラックコーヒーなのですが、しんどい思いをして登った頂上では砂糖やクリーム入りの方が一層美味しく感じます。
熱々なのも急速に冷える身体には有り難いですね。

このロバパンの餡パンは特売で買った物です。
パンのメーカーに拘りはないのですが、餡やジャムがタップリ入ったものが好きです。

長靴のピンですが、私も自分でピンを刺せないものかと考えていたところです。
結局手間暇かけても新品のようにはならないでしょうね。
それに、私は不器用なので山に行くたびにピンピン抜けてゴミを出してしまいそうです。

靴用カイロの件、有り難うございます。
実験の結果を楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2016-11-25 22:52
まっきぃさん
コメントを有り難うございます。
そう言えば月曜日にヘッデンを点けて風不死岳に登り樽前山に向かったのでしたね。
その記事を読んでいたのですが、失念していました(^^;)

ピッケルがまるで刺さらないことにびっくり。
なので、下山は慎重にも慎重を重ねて8合目まではゆっくりでした。

明日はアイゼンにまだ慣れていない同行者がいるので、事故のないように気をつけて登ります。と言うか、下ります。

ご心配をおかけしたかも知れませんね。


名前
URL
削除用パスワード
<< 七条大滝、11月25日 池も凍る寒さ >>