有珠山、11月6日

有珠山に登るのは14年ぶりのことで、気候が温暖で雪の少ない土地だから紅葉を楽しみながらのんびり歩けるものと思っていた。
ところが、一瞬青空が覗くものの風雪模様の中々厳しいスタートとなった。

それでも稀府岳の予定から変更し、我々と一緒になったコズさんときくさんに愛犬のソラが加わって賑やかで楽しい山歩きだった。

きくさんには、UさんとM夫人は9月11日、目国内岳から岩内岳を縦走したときニセコの温泉「幽泉閣」でお会いしたそうだが、Mさんと私は温泉に遅れて行ったためお会いすることが出来ず、今回が初対面だった。

お喋りしながらだとアッという間に着いた感じの外輪山の展望台からは、ガスと雪の為に視界がなかった。

今回はコズさん達と合流した時点で頂上まで行くことを決めていたため、スマホのGPSアプリを頼りに展望台を越えた。
その後林道に出てからは、男性3名で尾根のとりつき地点など相談しながらルートファインディング。
登山道がないから、藪の薄いところ沢の浅いところなどを選びながら進むと、たまに小さなピンクのテープを見つけ、同じようなルート取りがなぜか嬉しい。

一瞬青空が出て目指す山が姿を現すと俄然足取りが軽くなる。
そんな事をくり返しながら頂上に立つと同時にガスが瞬間切れて、蒼い洞爺湖が眼下に見え、同行者から感動の声が上がった。
その蒼い湖面に真っ白な遊覧船が見え、それはそれは素敵な光景だった。

山行記録
登山口駐車場08:35→外輪山展望台09:50~09:55→頂上11:27~11:47(軽食)→登山口駐車場13:40
GPSの軌跡はあえて載せません。
f0138096_21141984.jpg

コズさんときくさんは先にスタートしたので、M夫妻とUさんとで記念撮影
f0138096_21143141.jpg

雪がなかったのは出だしだけ
f0138096_21144142.jpg

途中でコズさん達に追いついてここから一緒に
f0138096_21145091.jpg

林道と登山道の交差地点。結構な降雪
f0138096_21145630.jpg

外輪山の展望台に到着だが、視界はなし
f0138096_2115432.jpg

展望台を越えて林道へ
f0138096_211512100.jpg

雪雲が去って青空が出ると視界が回復
f0138096_2115207.jpg

林道に出た
f0138096_21152912.jpg

尾根にとりつく
f0138096_211535100.jpg

頂上は近い
f0138096_21154763.jpg

アップで
f0138096_21155799.jpg

きくさんとソラ、奥に頂上
f0138096_21161053.jpg

到着!
f0138096_21161827.jpg

蒼い湖面の洞爺湖と小さく白い遊覧船
f0138096_21162636.jpg

頂上から
f0138096_21163592.jpg

軽食を摂って下山開始
f0138096_2116434.jpg

来た道を戻る
f0138096_21165461.jpg

登りの時の足跡をたどって
f0138096_211713.jpg

地熱のあるところで冷え切った手を温めるUさん
f0138096_21171060.jpg

全員とワンちゃん、身体を温めて下山を再開
f0138096_21181311.jpg

登山道のカラフルな落葉
by tarumae-yama | 2016-11-10 00:41 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by J at 2016-11-11 11:01 x
こんにちは!
有珠山から恵庭岳とお疲れ様でした!
冷えきった手足に自然の岩盤浴?は冬山のオアシスですね。
夏と相変わらずの登山ペースとはさすがです。
これからも気をつけて、楽しまれてくださいませ!!

Commented by tarumae-yama at 2016-11-12 10:45
Jさん

有珠山は生憎の天気でしたが、それでも大勢で楽しかったです。
思いがけずワイルドな山となり、それも良かったです。

恵庭岳もいろいろなことがありましたが、無事に下山した後では楽しい思い出です。

それにしても、まだ11月だというのに山はもう本格的な冬山の様相です。
これからは山に行くペースは落ちると思いますが、晴天を見て楽しみたいと思います。

何時もコメントを有り難うございます。

名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳、11月10日-その1- 紋別岳、11月7日 >>