イチャンコッペ山、11月2日

本当はM夫妻と3名で伊達紋別岳と稀府岳の予定だった。
ところが、同じ千歳に住む92歳の叔母が亡くなったという連絡が入り、通夜とぶつかってしまった。
それでも、下山後の温泉に入らなければ間に合うと思っていたのだが、M夫妻が気を使って私の自宅から近いイチャンコッペ山を提案してきた。

そんな訳で決まったイチャンコッペ山だが、私は10日ほど前にzeropo7さん達と登ったばかり。
その時よりうっすらと積雪状態になっていたけれど、夏靴でも全く問題ない状況。
今回も私はスパイク長靴にしたが、下山時同行者は登山靴で何度かスリップしていたから、私の選択は良かったと思う。

ところで、準備を整えて駐車場からスタートしようとしたとき、見覚えのある車がやって来た。
何と航空会社勤務のizumisawaさんだった。
彼と山を一緒した事は何度もあるけれど、夏は何かと忙しいようで毎年冬季限定の山友である(^^;)

前回一緒したのは今年3月の風不死岳で、その時はM夫妻も一緒だった。

そんな訳で、山行は急遽4名になった。
普段は寡黙という印象のizumisawaさんだが、テンションの高いM夫人とずっとあれこれ楽しそうに話しをしているのを見て、すっかり印象が変わってしまった。

気温は0度くらいだったろうか、雲も多くて寒さが身に染みたけれど、幸い風が弱く、雲の切れ間から太陽が出てくると途端に温かいと感じた。
太陽の有り難さを実感したイチャンコッペ山だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_23345138.jpg

偶然駐車場で一緒になったizumisawaさん(真ん中)も同行することに
f0138096_2335188.jpg

クマゲラの食痕と左奥にアンテナの載る紋別岳
f0138096_23351153.jpg

支笏湖と奥に樽前山(左)、風不死岳
f0138096_2335462.jpg

旧反射板ピークは目前
f0138096_23355645.jpg

反射板ピークに到着
f0138096_2336422.jpg

反射板ピークから、右奥に恵庭岳
f0138096_23361415.jpg

f0138096_2336224.jpg

f0138096_23363128.jpg

イチャンコッペ山の頂上目前
f0138096_23363984.jpg

f0138096_23364849.jpg

f0138096_23365792.jpg

カップ麺を手に満面の笑顔のM夫人、左に御主人
f0138096_2337857.jpg

旧反射板ピークから恵庭岳をアップで。今日は頂上岩塔がクッキリ
f0138096_23371838.jpg

旧反射板ピークから支笏湖を眼下に下山
f0138096_23372870.jpg

無事下山。紅葉は殆ど終わってしまった
by tarumae-yama | 2016-11-03 00:06 | 登山 | Comments(4)
Commented by RubyxJDA0509xyasu at 2016-11-03 18:55
今晩和!
昨日は楽しかったです!
無積雪期のイチャンコッペ山に初めて登りましたが、登りごたえあり、お手頃感もあり、歩きやすい、景色最高ととても良い山でしたー♪
頂上では少し寒さも感じましたが、すぐに太陽が出てきてくれたので快適に休憩する事が出来ました。
いつも甘酒も有難う御座います♪
主張したいので何度も言いますが(笑)甘酒はこの世の飲み物の中で最も大好きな飲み物なので山で飲めてすっごく嬉しかったです(*^^*)
izumisawaさんとも久々に登れたのも良かったです。
ただ私の下ネタ連発にはドン引きだったでしょう(笑)
Commented by tarumae-yama at 2016-11-04 01:04
ルナさん
コメントを有り難うございます。
何時も何時も感謝です。

この時期としてはまあまあ恵まれたイチャンコッペ山でしたね。山で食べるカップ麺、なかなか美味しかったですね。

izumisawaさんと下ネタの話をしましたっけ?

次回の山を楽しみにしています。
Commented by izumisawa at 2016-11-04 22:56 x
先日は、一人で登るつもりが皆さんと一緒に登れて楽しかったです。
ルナさんの爆裂トーク、最初から最後まで楽しませてもらいました。寒くなると少し無口になるのが残念です>_<
今年も冬山ご一緒お願いします^_^


Commented by tarumae-yama at 2016-11-05 10:42
izumisawaさん
コメントを有り難うございます。
まさかの出会いでびっくりでした。

ルナさんと一緒に登っていると日々の寂しさを忘れることができます。
私にはとても嬉しい山友です。

またこの冬もご一緒出来る事を楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山登山道情報 樽前山、10月30日 >>