樽前山、10月30日

恵庭岳に登る心づもりだったので、紋別岳一つだけでは物足りなくて下山後樽前山に向かった。
紋別岳で途中追いついたファミリーは、樽前山の5合目ゲートの先から積雪のため転進したそうだ。
まだ夏タイヤのままだったためらしい。

なるほど、樽前山の5合目ゲート付近に5台ほど車が停まっていて不思議に思ったのだが、それらの車は全て夏タイヤのために7合目まで上がれず、徒歩で頂上を目指したらしい。
うっすらと積雪している林道の途中で1台の車が反対車線側に停まっていて、ドライバーに聞くと夏タイヤのために立ち往生してJAFに連絡したところだと。
運転が下手だからバックのまま下りられないとも。

さすがに今日の天気と積雪のため、日曜日にもかかわらず駐車場は10台ほどでガラガラだった。

樽前山もスパイク長靴で登ったのだが、一番積雪が深かったのは東山外輪山分岐までのトラバース区間で、20cmほどあったけれど、踏み跡がしっかり残っているので夏靴でも問題はなさそうに見えた。

溶岩ドームが見え隠れするようなガスと強風で、我々は東山の頂上で証拠写真?を撮って即下山した。

なお、苫小牧市のHPによると、樽前山へのゲートは11月14日の11時に冬季閉鎖に入ると告示されていた。
f0138096_13104412.jpg

バックの支笏湖が霞んでいる
f0138096_13105448.jpg

スパイク長靴が最適。モノトーンの世界
f0138096_1311246.jpg

奥に風不死岳
f0138096_13111074.jpg

雲が垂れ込めて溶岩ドームをほぼ隠している
f0138096_13112451.jpg

苫小牧方面は青空が出ているようだ
f0138096_13113342.jpg

東山の頂上は目前。左に932m峰が見える
f0138096_1311423.jpg

f0138096_1311495.jpg

頂上に到着したが、支笏湖も溶岩ドームもガスの中
f0138096_1311595.jpg

下山すると青空が覗くようになった
by tarumae-yama | 2016-11-02 00:28 | 樽前山 | Comments(4)
Commented at 2016-11-02 14:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2016-11-02 19:53
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
いろいろ有難うございます。
とりあえずメールしました。
Commented by N君 at 2016-11-04 12:33 x
お疲れさまでした!
お代わり、さすがですね(笑)
自分達はお昼過ぎに下山しての鶏肉を食べにいきました。
今度はTarumae-yamaさんと鶏肉食べに行きたいですよ🎵
Commented by tarumae-yama at 2016-11-04 22:48
N君
コメントを有り難うございます。
恵庭岳のつもりだったので、紋別岳一つでは消化不良でした。
樽前山は天気に恵まれずでしたが。
ぜひぜひ苫小牧の鶏肉、つれて行って下さいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山、11月2日 大滝ナイアガラの滝の続編 >>