恵庭岳西峰とジャンダルム、10月19日-その2-

西峰から下山して行くkenさん達を見送った直後、私達はジャンダルムへと向かった。
隊長Oさんの話だと、昨年ジャンダルムに立つ登山者を目撃したそうで、それで私を誘ってくれたのだが、悪天や私の都合がつかず延び延びになっていた。
そんな事があったので、隊長OさんはH原さんを誘って先日ジャンダルムに立っている。

このジャンダルム、高さは大したことがないけれど、取り付きが急な上に両側が切れ落ちているからかなり緊張を強いられた。
不用意に掴んだ枝が折れてしまったならそのまま何メートルも落下するだろうから、いつも以上に手がかり足がかりには気を使った。
きっと、案内してくれた隊長Oさんが私のレベルに不安を持ち、ハラハラドキドキしながら見守っていたに違いない(^^;)

しかし、苦労して登ったジャンダルムの頂上は、狭くて足下が不安定だから3人以上でくつろげるような状況にないと思う。
眺望の良さで言うのなら、やはり崩落で危険となった本峰の頂上岩塔より断然西峰の頂上の方が良いと感じる。
何より何時足下が崩れるか分からない本峰よりずっとリラックス出来る。

ともあれ、ジャンダルムの頂上に立つ私を、わざわざ本峰の頂上へ登ってそこから写真を撮ってくれた。
更に、西峰への稜線まで戻ってアーチの木付近からも。

そんな優しい隊長Oさんと、下山途中に遺体発見現場付近の状況を知りたくて爆裂火口に行ってみた。
このことについては、すでに記事にした。

今回、隊長Oさんの後について色々なことを教えて頂いた恵庭岳だった。
f0138096_23553293.jpg

kenさん達の下山を見送り
f0138096_23554421.jpg

私達も西峰から腰を上げてジャンダルム(一番右の岩塔)へ
f0138096_2355531.jpg

ジャンダルムの基部の南側へ
f0138096_2356263.jpg

傾斜がきついから枝を掴んだりしながら3点確保で
f0138096_23561239.jpg

ルンゼの上で、右上に西峰
f0138096_23562448.jpg

ルンゼの辺りから、丸駒温泉と紅葉
f0138096_23563293.jpg

ジャンダルムから、遠くに羊蹄山
f0138096_23564045.jpg

ジャンダルムの頂上直下を登る隊長Oさん、右端に西峰
f0138096_23564918.jpg

ジャンダルム頂上の西端に立つ隊長Oさん
f0138096_23565813.jpg

f0138096_2357880.jpg

私をジャンダルムの頂上に待たせ、写真を撮るために本峰の頂上に立った隊長Oさん
f0138096_23571688.jpg

一人で待っている間に、ジャンダルムの頂上から
f0138096_23572494.jpg

本峰の頂上からジャンダルムの基部を回り込んで西峰への稜線に立つ隊長Oさん
f0138096_23573517.jpg

撮影が終わり、第2見晴台に向かう隊長Oさん
f0138096_23574323.jpg

第2見晴台から、ナナカマドの実と奥に札幌市街
f0138096_23575285.jpg

登山ポストは近い
f0138096_2358182.jpg

私達のすぐ前を行くkenさん達
f0138096_23581047.jpg

登山ポストの所から紅葉を撮影するkenさん達
by tarumae-yama | 2016-10-25 06:22 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳西峰とジャンダルム、10... 楓沢から風不死岳、10月16... >>