紋別岳の紅葉、10月15日

紋別岳登山口の駐車場としては珍しいことに、満車で溢れた車が路肩駐車していた。
途中で追い抜いた千歳市内の小学生と父兄40名ほどの団体さんが登っていたので、その父兄の車が多かったのかも知れない。

紅葉を捜しながらそこそこ写真を撮って頂上に到着すると、10名ほどの先行者がそれぞれ食事中だった。
何と、その中に恵庭の高校ワンゲル部の先生と生徒がいた。
この先生には5月のイチャンコッペ山頂上で最初に会い、その直後6月の恵庭岳第2見晴台でもお会いしている。
そして今回の紋別岳、たった5ヶ月で3度も会うとはビックリだ。
もっとも、今日は紋別岳が目的ではなく、風不死岳の北尾根の予定が、駐車場が一杯のために転進したらしい。

肝心の紋別岳の紅葉だが、中腹から枝越しに見られる斜面も頂上から見下ろす斜面も、今年は例年よりずっと見劣りがする。
だが、黄葉はそれなりに良かった。
少なくとも樽前山よりはかなりましだと感じた。
あと数日は黄葉を楽しめると思う。

山行記録
登山ポストから頂上まで1時間5分、下りは54分。
f0138096_22373259.jpg

紅葉と黄葉
f0138096_22374279.jpg

北海道犬(アイヌ犬)と下りてきたのは札幌のMさんとか。愛犬は桃太郎?。先日空沼岳で私のブログにリンクしている「ルパンのプロムナード」のカナリーヌさんに会ったらしい。「ソラとMyライフ」も見ているとのこと。愛犬と登山をする人は、どこかで繋がっているようだ
f0138096_22375070.jpg

前を小学生と父兄が行く
f0138096_22375978.jpg

バックに紋別岳の頂上部



f0138096_22381814.jpg

f0138096_22382644.jpg

恵庭岳をバックに恵庭の高校のワンゲル部。先生と生徒さん
f0138096_22383431.jpg

例年ならもっと色づいている斜面なのだが
f0138096_22384558.jpg

少し色づいている斜面をアップで
f0138096_22385358.jpg

f0138096_2239278.jpg

f0138096_22391023.jpg

f0138096_22391815.jpg

f0138096_22392675.jpg

f0138096_22393492.jpg

f0138096_22394237.jpg

by tarumae-yama | 2016-10-16 06:18 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 楓沢から風不死岳、10月16日... 支笏湖畔と紋別岳の紅葉、10月... >>