樽前山と風不死岳、10月13日、-その2-

932m峰の斜面をトラバースし、風不死岳の登山口の手前でソロの女性に追いついた。
少し話をすると、3月に富士吉田市から転勤し、山は昨年9月の富士山が最初とのこと。
札幌に住み平日に一人で近郊の山に登っているらしい。

恵庭岳も頂上岩塔に立っているし、今日は楓沢から登ってきたとのこと。
初めての楓沢を単独で挑戦する意気込みには感心したものの、2番目の迂回路ではルートが分からずしばしさまよったらしい。

そんな話を聞きながら鎖場まで一緒し、そこからは先を行かせてもらった。
このところの食事制限のお陰で体重が3kgほど落ち、今日の樽前山から風不死岳の歩きでは快調に登れた。
もっとも、気温の低さが暑がりの私にそう感じさせたのかも知れない。

風不死岳に到着するとカップルが休憩中で、男性と少し山談義をした後、彼らが下山すると私だけの頂上となった。
羊羹を口にまったりしていると、鎖場まで一緒したSさんが20分ほど遅れてやって来た。

北尾根を下りて車を停めている樽前橋までは国道を歩くとのこと。
頂上で写真を撮らせてもらい、私は直後に下山開始。

風はそう強くもなくて日が差せば温かいのだが、さすがにアラレが降り小雪がちらつくような気温だからじっとしていると身体がすぐに冷えて来る、もう初冬という感じの風不死岳だった。

山行記録
風不死岳13:00→風不死岳登山口標識13:45→7合目駐車場14:31
f0138096_8482941.jpg

樽前山をバックに、鎖場を登りきった札幌のSさん
f0138096_848392.jpg

雲の切れ間から太陽の光が差してスポットライトを浴びたよう
f0138096_848479.jpg

その部分をアップで。少し紅葉も見られる
f0138096_8485465.jpg

札幌市街
f0138096_849216.jpg

恵庭岳
f0138096_8491098.jpg

太陽が顔を出すと支笏湖ブルーが見られる
f0138096_8491895.jpg

樽前山の東山と左の海上にフェリーが
f0138096_8492810.jpg

私より20分遅れてSさんが頂上に到着
f0138096_8493666.jpg

葉はすっかり落ちているが、ナナカマドの赤い実が鮮やか
f0138096_8494344.jpg

ママハハコを入れて樽前山
f0138096_8495291.jpg

少し茶色っぽいけれど綺麗な紅葉が見られた
f0138096_8495840.jpg

風不死岳から下山中に樽前山を
f0138096_850634.jpg

どうということのない写真かも知れないが、苔に光りが当たって輝いていた
f0138096_850142.jpg

葉も枯れかかっているシラタマノキ
f0138096_8502243.jpg

2日前よりお花畑コースは色づいて見える
f0138096_8502952.jpg

樽前山でツルリンドウの実を見るのは初めてかも
by tarumae-yama | 2016-10-15 09:20 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 支笏湖畔と紋別岳の紅葉、10月... 樽前山と風不死岳、10月13日... >>