芦別岳、9月30日-その2-

OBATAさんと一緒に昼食を摂っていると男性3名パーティがやって来た。
札幌の労山会?のメンバーとのこと、いかにも体力がありそうだが心優しい印象。
それで彼らとも色々話をして、気がつけば1時間以上も頂上にいたことになる。

暖かで風も殆どない最高の状況だから、もう少し滞在していたいところだが、下山もそれなりに時間がかかるため、若者3名にお先にと声をかけて下り出した。

結局、OBATAさんと労山のパーティ以外は熊にも遭わないという静かな芦別岳だった。

下山中、OBATAさんもM夫人同様テンションの高い人だから、色々話に花が咲き、特にアルプスやエベレストなどの裏話が面白おかしく、更には途中から下ネタまで飛び出す始末で大笑いだった。
熊が登山道近くの藪の中で、何と下品な話題をと呆れていたかも知れない(^^;)

下山後、話の続きは六花亭で(無料の)コーヒーでも飲みながらと誘ったところ、旧道を登るつもりで来たから時間は十分あるとのことでご一緒する事になった。

そんな思いがけない人との出会いがあって、我々は芦別岳を心から楽しんだ。

山行記録
芦別岳11:26→雲峰山11:50→半面山??→登山ポスト14:35
f0138096_1883818.jpg

f0138096_188495.jpg

札幌の山岳会の3名パーティ
f0138096_1885879.jpg

1時間以上も滞在した芦別岳から下山開始
f0138096_189650.jpg

芦別岳をバックに雲峰山の頂上にて
f0138096_1891775.jpg

落葉したダケカンバと1本だけ紅葉している木
f0138096_1892750.jpg

ツルウルシの紅葉だろうか
f0138096_1894527.jpg

ようやく登山口近くまで下りてきた
f0138096_1895860.jpg

柵の扉を施錠して
f0138096_1810832.jpg

下山時刻を記入するOBATAさん。登りの時に登山者名簿に私の名を見つけ、あまりの偶然に笑ってしまったそうだ。道理で、私が頂上にいると知ってのニコニコ顔だったらしい
f0138096_18101667.jpg

正面にカンパーナ六花亭。奥に十勝連峰。その左に大雪の山並み
f0138096_18102543.jpg

無料のコーヒーを飲みながら
f0138096_18103432.jpg

ふらの餅を食べながら
f0138096_18104424.jpg

ふらの餅の次はぶどうオムレット。M夫人だけふらの餅を追加(^^;)
f0138096_18105322.jpg

カンパーナ六花亭の回りにはぶどう畑が広がっている
by tarumae-yama | 2016-10-05 06:57 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by U at 2016-10-05 07:25 x
一枚目の山頂のお写真、海外?と一瞬思うような素晴らしい景色ですね。
M夫人、OBATAさん共に素敵な笑顔で楽しそうな雰囲気が
伝わってきます。

そして・・・私が前回買い損ねた「ぶどうオムレット」じゃないですか~!
M夫人はもちろん?お餅追加ですね(笑)
Commented by OBATA at 2016-10-05 07:42 x
通行禁止の旧道をあきらめ、仕方なくトボトボ新道へ…諦めきれない思いで登山届けを開いた時、ホント、えーっ!でした(^^) まさかこんな所でお会いするなんて。
お喋りし過ぎで、のんびりし過ぎで、旧道下山予定時刻は遅くても15:00と殆ど変わらない時間に下山で、こちらもびっくりしました(^^;
Commented by tarumae-yama at 2016-10-05 16:29
Uさん
コメントを有り難うございます。
天気と視界の良さで、写真も見映えがしますね。
来年、芦別岳にお誘いしたいと思っています。

カンパーナでもOBATAさんとM夫人は盛り上がっていました。
そういえば、前回買い損ねたのでしたね、「ぶどうオムレット」!
美味しかったですよ。
次回訪れたときに食べられると良いですね。

ふらの餅、M夫人は1個の追加でも物足りなかったかも知れませんね。
Commented by tarumae-yama at 2016-10-05 16:35
OBATAさん
コメントを有り難うございます。
頂上に現れたにこにこ顔の女性が OBATAさんと分かってびっくりでした。
頂上から六花亭と更には温泉まで、長い時間お付き合いいただき有り難うございました。

次回お会いする事があるなら冬の恵庭岳でしょうか、楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、10月5日 「かもめ食堂」のカツサンド >>