芦別岳、9月30日-その1-

三笠の道の駅で4時半にM夫妻と合流し、彼の車で一路富良野山部にあるキャンプ場へ。
登山口であるキャンプ場には我々以外の車は停まっていず、どうやら我々が芦別岳の1番手らしい。

9年前にあったのか記憶が定かではないのだが、シカの侵入防止柵の扉を開けて6時過ぎにスタート。
出だしから滑りやすい中々の斜面に、まだ覚醒していない身体が悲鳴を上げる。
だが、ところどころ笹が被っている所があるものの、思っていた以上に整備されている登山道だった。

途中から、噴煙を上げる十勝岳の山並みやすそ野に広がるパッチ状の畑と、その中を緩やかな曲線の川が目に入る光景が素晴らしい。

芦別岳の頂上へと高度を上げて行くにつれ、汗を拭きつつ登った半面山や雲峰山などがどんどん目線の下になっていく面白さと快感。

そして誰もいない頂上からの絶景、元気でなければ見られない光景にこみ上げてくるものがあった。
写真の妻もしっかりとこの素晴らしい展望を目に刻んだと思うけれど、願わくば健康なときに二人で見たかったとしみじみ思う。

山行記録
登山ポスト06:12→半面山08:57~09:10→雲峰山09:46~09:50→芦別岳10:17

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_11182685.jpg

雲峰山(右)と芦別岳
f0138096_11183729.jpg

f0138096_11184469.jpg

下に登山道が見える雲峰山。上の真ん中辺りに噴煙を上げる十勝岳
f0138096_11185229.jpg

f0138096_11185962.jpg

f0138096_1119778.jpg

f0138096_11191418.jpg

十勝連峰がクッキリ見える
f0138096_11192113.jpg

アップで、中央付近に尖っている十勝岳
f0138096_1119287.jpg

半面山で鐘を鳴らすM夫人
f0138096_11193517.jpg

半面山で、5日前が誕生日だったM夫人に遅まきながらロールケーキのプレゼント
f0138096_11194339.jpg

f0138096_1119501.jpg

f0138096_11195832.jpg

f0138096_112051.jpg

f0138096_1120128.jpg

f0138096_11202057.jpg

バックに芦別岳、雲峰山の頂上で
f0138096_11202733.jpg

頂上直下のM夫妻
f0138096_11203424.jpg

芦別岳の頂上から、旧道が見える
f0138096_11204112.jpg

f0138096_11204895.jpg

中央やや右に羊蹄山、左端近くに恵庭岳
by tarumae-yama | 2016-10-03 11:37 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by なお at 2016-10-03 14:05 x
本当に天気に恵まれて羨ましいです。空の青が濃い。
私も来年新道からでいいので行きたいなと思いますが、ここはさすがに一人では行けないな···て思っています。

今年は冬山もチャレンジするつもりなので、またご一緒できたらと思います。
Commented by 夏山子 at 2016-10-04 12:12 x
ご無沙汰しております。
遅れましたが、お誕生日おめでとうございます。これからもますますお元気で、色んな山に挑戦してください!!

芦別岳は、すっかり秋模様ですね。
かっこいい山ですね。

こっちの山はまだ夏みたいです。
でも、スズキが出て来ました。
Commented by tarumae-yama at 2016-10-04 14:41
なおさん
コメントを有り難うございます。
素晴らしい天気と視界の良さでした。
こんな好条件は年にそうないですね。
なおさんなら単独でも行けると思いますが、熊も怖いので単独でない方が良いですね(実際、登山道に熊の糞がありました)

来年、同行者を募って芦別岳を計画したいと思っています。
なおさんの都合がつけば一緒しましょう。

いよいよ冬山にも挑戦ですか。
支笏湖周辺の山であれば、私でも案内出来るかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2016-10-04 14:43
夏山子さん
お祝いコメントを有り難うございます。

芦別岳は素晴らしい山だと思います。
旧道も時間は随分かかるようですが、魅力的なようです。
北海道にもどってきたなら、ぜひ挑戦してみて下さい。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「かもめ食堂」のカツサンド 樽前山ご来光登山、10月1日 >>