恵庭岳、9月2日-速報版-

今日も恵庭岳登山道の倒木処理に登るというSさんに同行した。
一応私も鋸を持って枝切りの真似事をしたけれど、Sさんの作業量とは比較にならなかった。

昨年10月の倒木被害を思えば、今回の台風10号の影響は小さいとの印象を持ったものの、それでも迂回路の数カ所で倒木に煩わされる。
そして、この新たな倒木で進路を遮られるためテープが追加されたが、それにもかかわらず、下山時の4合目半辺りで道迷いを起こすのではと不安を覚える所があった。

Sさんの話では、昨日下山中の登山者が、私の懸念しているところでやはりコースを外れ、後ろを歩いていたSさんから呼び止められたらしい。
そんな訳だから、この週末恵庭岳に向かう登山者は、絶えず前方のテープを確認しつつ進んで欲しいと思う。

とりあえず、速報版として写真を4枚アップした。
f0138096_15422897.jpg

崩壊の進み具合を見たくて久しぶりに頂上岩塔に立ったけれど、ロープ場の岩の亀裂状況を見ればもう登りたくない
f0138096_15424563.jpg

雲が多く、オコタンペ湖はエメラルドグリーンとは言えない。それに大雨の影響で少し濁っているようだ
f0138096_15431752.jpg

ナタで枝払い作業中のSさん
f0138096_15432611.jpg

倒木の上に足場を作っている
by tarumae-yama | 2016-09-02 15:56 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by mori at 2016-09-02 20:25 x
OさんやSさんやtarumae-yamaさんのように
登山道を整備してくれる方々がいるから
私たちは安心して楽に登らせてもらっています。
ほんとにいつも頭が下がります。
Commented by tarumae-yama at 2016-09-03 11:17
moriさん
コメントを有り難うございます。
私は何もしていませんが、隊長OさんやSさんは何時も登山者のことを思って行動していますから、本当に頭が下がりますね。

恵庭岳は千歳山岳会が、イチャンコッペ山は恵庭山岳会が、樽前山は苫小牧山岳会がそれぞれ登山道の整備や維持管理に汗を流しているようです。
彼らのボランティア活動にも感謝ですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 羊蹄山、8月27日-その2- 台風10号による恵庭岳の倒木、... >>