恵庭岳、8月25日-速報版-

今日は、隊長Oさんに恵庭岳のジャンダルム(前衛峰)に、H原さんと私の二人を案内してもらう予定だった。
だが、6合目から雲の中に入り、第1見晴台では眼下の支笏湖も見えず、そこから下山することに。

ジャンダルムへは第2見晴台まで登山道を使うものと思っていたのだが、隊長Oさんは行方不明者の捜索もやろうと決めていたようで、我々は3合目付近の迂回路から外れ涸滝へと登っていった。
残念ながら、今回も何の手がかりを得ることなく迂回路に戻った。

この涸滝へのルートには前日のものと思われる足跡があったから、救助隊の関係者は継続して捜しているようだ。
それに、隊長Oさんからのメールでは、8月18日、登山口の駐車場に警察車両が一日一杯停まっていたというから、理由は定かではないものの、警察も訓練名目で捜索を続けているのかも知れない。

7月16日の事故以来、行方不明者のご家族や友人達は今も希望を捨てずに朗報を待っているだろうか。

恵庭岳の登山道についてだが、8月7日にSさんと登ったとき登山道に被さる枝葉が煩わしいと思ったけれど、今日は6合目まで切り落としたばかりの笹やイタドリなどの葉が登山道上に落ちていた。
多分、昨日パトロールを兼ねて関係者が笹刈りをやったものと思われる。
更にピンクテープや誤進入防止のビニールテープが幾つも新たに着けられていた。

二度と事故が起きぬよう、関係機関の願いを見たような気がした。
f0138096_1541336.jpg

残置ロープを使って登る隊長Oさん、下にH原さん
f0138096_15414349.jpg

f0138096_1541519.jpg

f0138096_15415855.jpg

f0138096_1542717.jpg

f0138096_15421617.jpg

一日一杯停まっていたという警察車両。警察に問い合わせていないけれど行方不明者の捜索活動だったのだろうか。8月18日隊長Oさんが撮影
by tarumae-yama | 2016-08-25 16:03 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 徳舜瞥山とホロホロ山、8月2... 徳舜瞥山とホロホロ山、8月24... >>