平山からニセイカウシュッペ山ピストン、8月11日-その3-

ニセイカウシュッペ山で40分ほど昼食を摂ってからまた吊り尾根を通って比麻奈山へ。
アンギラスを越えて振り向くと、そのアンギラスの上にニセイカからやって来たのだろう、3人の登山者のシルエットが見えた。
大きな声で挨拶すると、両腕を挙げて応えてくれた。
彼らは岩塔の上で随分と長いこと滞在していた。

途中でデポしていたTOMさんのザックを回収し、幾つかの岩塔とハイマツ漕ぎをくり返しやっと比麻奈山に戻った。

余力のあるM夫妻はここから比麻良山まで行ってくると。
私は5年前に登っている山だし、TOMさんは興味を示さなかったので、比麻奈山から別行動で下山し、ナキウサギの出現すると言われる岩場で合流する事になった。

我々がその岩場で早朝からずっといたカメラマンにナキウサギのことを教えてもらっていると、間もなくM夫妻がやって来た。

そこからは殆どノンストップで登山口に戻ったけれど、吊り尾根を往復したために10時間を超える長丁場のタフな山となった。
このピストンは思いの外大変だったものの、全員トラブルもなくやり終えて何よりだった。

山行記録
ニセイカウシュッペ山12:05→比麻奈山13:46~14:00→登山口16:07
f0138096_23275615.jpg

ニセイカウシュッペ山からまた比麻奈山へ
f0138096_2328585.jpg

f0138096_23281292.jpg

中央付近にアンギラス。左手奥に比麻奈山、その左に比麻良山
f0138096_23282267.jpg

f0138096_23283149.jpg

f0138096_23283947.jpg

f0138096_23284736.jpg

この岩場でTOMさんザックを回収
f0138096_23285690.jpg

f0138096_2329488.jpg

f0138096_23291353.jpg

f0138096_23292186.jpg

f0138096_23292945.jpg

ようやく比麻奈山に戻って来た
f0138096_23293716.jpg

ニセイカら歩いてきたコースを見ると、良くやったという実感が湧く
f0138096_23294533.jpg

アンギラスの上に我々に手を挙げる登山者が見える
f0138096_23295345.jpg

早朝からナキウサギの撮影に旭川からやって来たという気さくなカメラマンにナキウサギのことを色々教えてもらった。今数が減ってここには子供のナキウサギ1匹しかいないそうだ。以前そのナキウサギが猛禽類のノスリに襲われかけたそうで、この冬まで生き延びるのは難しいかもと言っていた。今咲いている花はチングルマだが、エゾイソツツジの間から見るナキウサギが好きだとも
f0138096_2330535.jpg

f0138096_2330147.jpg

無事下山
by tarumae-yama | 2016-08-18 07:07 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、8月18日-速報版- イチャンコッペ山で今年100座... >>