樽前山、7月5日

市民病院での定期検診が思ったより早く終えたので、帰宅後樽前山に向かった。

私の好きなエゾイソツツジがピークを迎えるときは華やかなお花畑コースも、今は随分と寂しい感じだった。
タルマエソウが最盛期ならそれでも目を楽しませてくれるのだろうが、スライドした地元の女性は五分咲きくらいと言っていた。
確かに、見頃にはまだ1週間以上早い印象だった。

今回も駐車場から溢れた車がヒュッテ付近に路肩駐車をしていて、沢山の登山者が入った様子だが、樽前山は、近くの風不死岳や紋別岳、イチャンコッペ山、恵庭岳など殆ど1本の登山道なのとは違い、登山口が2ヶ所あって更にその先で幾つも分岐しているから、案外スライドする登山者は少ないと思う。
まして、14時頃からのスタートだったため、随分ひっそりとした樽前山だった。

それなのに、東山外輪山の分岐標識の所で休んでいたご夫婦は、一月ほど前この同じ場所で強風のために東山に登ろうか迷っていた札幌のTさんだった。

ご夫妻は、私に会えるかもと話をしていたそうだが、ブログで前日恵庭岳に登ったばかりと知っていたので、途中から下りてくるオジサンが私だと分かってビックリしたらしい。

そう言えば、あの時、このくらいの強風で断念したなら樽前山には登れないと言って一緒に東山に登ったのだが、今回も西山への途中に群生しているコマクサを見に行こうと半ば強引に誘ったのだった。
f0138096_16435448.jpg

f0138096_16441363.jpg

f0138096_16442447.jpg

東山頂上から、支笏湖は雲海の下で見えない
f0138096_16443458.jpg

f0138096_16444388.jpg

f0138096_16445336.jpg

f0138096_1645157.jpg

f0138096_1645971.jpg

シラタマノキ
f0138096_1645175.jpg

マルバシモツケ
f0138096_16452633.jpg

f0138096_16453453.jpg

お花畑コースのマルバシモツケはそろそろ終盤
f0138096_16454134.jpg

ハナヒリノキ
f0138096_16454885.jpg

イワヒゲも殆ど終わり
f0138096_16455612.jpg

東山と932m峰間の稜線上で咲いていたコマクサ
f0138096_1646375.jpg

ナナカマドの紅葉
f0138096_16461172.jpg

ここまで赤いモウセンゴケは中々見かけない
f0138096_1646195.jpg

先月の2日に東山の分岐でお会いした札幌のTご夫妻と再会
by tarumae-yama | 2016-07-07 07:07 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 山の知人から送られて来た写真 恵庭岳東峰、7月4日-その1- >>