楓沢から樽前山、6月19日-楓沢編-

今年何度か山を一緒しているUさんが楓沢に関心があるとのことで、TOMさんの同行を得て3人で出かけた。
TOMさんは3度目で私は5度目の楓沢だから、もうGPSがなくても大丈夫とは思ったものの、万が一道迷いした場合の事を考えて携行。

紋別橋からスタートする前に、まずTOMさんの車を樽前山の7合目駐車場にデポした。
彼が駐車場に着いたのは6時45分頃の事だが、すでに満車で路肩駐車を指示された。
蛇足だが、この日5合目のゲートで通行規制が始まったのは7時15分とのこと。

楓沢は、今やヤマレコやヤマップに毎週の様に報告が上がる人気のコースになったためか、苔の回廊内には随分とケルンが増えていた。

途中で追いついた3人パーティは、テープに惑わされて進路が分からなくなった様子。
それで我々と一緒に行くことになったのだが、全員聴覚障害のある方だった。

TOMさんがスマホの地図アプリを見せて3人が風不死岳に向かう事を確認、それで登山道に合流するまで先導した。
彼らは60代に見えたが、中々の健脚で我々に後れを取ることは全くなく、登山道で3人と握手を交わして私達は樽前山の932m峰へ。
そこでビックリの出会いがあったのだが、それは後日の記事で。

山行記録
紋別橋07:27→風不死岳登山口近くの登山道に合流10:07
f0138096_22435130.jpg

f0138096_2244286.jpg

f0138096_22441028.jpg

f0138096_22441816.jpg

f0138096_22442665.jpg

最初の高巻き地点
f0138096_22443444.jpg

f0138096_22444193.jpg

f0138096_22444936.jpg

f0138096_22445657.jpg

f0138096_2245328.jpg

ケルンを積む3人組の中の女性
f0138096_22451098.jpg

満開のエゾイソツツジ畑の中の踏み跡を進むTOMさんとUさん
f0138096_22451975.jpg

妻の大好きなギンリョウソウがあった
f0138096_22452654.jpg

藪漕ぎを終えると視界が広がり、樽前山が飛び込んできた
f0138096_22453374.jpg

3人組とそれぞれ握手を交わし、笑顔で手を振って別れた
f0138096_22454017.jpg

別れた直後風不死岳に向かう山ガールがやって来たので一緒に記念写真。ヤマップをやっているという札幌からの(どちらも)Kさん
by tarumae-yama | 2016-06-20 07:03 | 樽前山 | Comments(4)
Commented by マミリン at 2016-06-20 21:14 x
マミリンの方のKです!
声かけていただき、ありがとうございました♪楓沢キレイですね♪
Commented by tarumae-yama at 2016-06-20 23:17
マミリンさん
コメントを有り難うございます。
楓沢、もしまだ行っていないのならたまおさんとぜひ歩いて見て下さい。
一見の価値があると思います。

ところで、マミリンさんたちのすぐ前を歩いていた聴覚障害のある熟年3名パーティーは無事風不死岳に登られたようでしょうか?
Commented by たまお at 2016-06-21 21:23 x
たまおの方のKです!!

先日はありがとうございました!やはり楓沢の写真がとてもキレイでぜひ行きたいと思いました♪天気の良い時の方がコケが魅力的ですか?

聴覚障害の方とは出会わなかったです。。頂上でも手話をしている人はいなかったと思うのですが。。
Commented by tarumae-yama at 2016-06-21 23:16
たまおさん
コメントを有り難うございます。
ヤマップに風不死岳をアップされるのを楽しみに待っています。
それともマミリンさんと一緒ですか。

楓沢、ぜひ挑戦してみて下さい。
じっくりテープを探せばお二人でも大丈夫かと思いますが、藪漕ぎの部分は不安になるかも知れないので、経験者に最初はつれて行ってもらった方が良いと思います。

雨上がりの苔も素晴らしいと思いますが、やはり頭上に青空があった方が映えると思いますし、楓沢を抜けて風不死岳なり樽前山なりに登る時は、やはり晴れていて眺望があった方が感動がより強いと思います。

昨年10月18日に登っていますが、紅葉の楓沢も捨てがたいです。
なので、夏と秋の楓沢をぜひ登って見て下さい。

聴覚障害のある3名パーティの情報を有り難うございます。
手話は使っていなかったと思います。
口唇読で会話しているのかも知れません。
名前
URL
削除用パスワード
<< 楓沢から樽前山、6月19日-樽... ガスの樽前山、6月18日 >>